アミノ酸(あみのさん?)と私:内容のご紹介

アミノ酸ってとても大切なものです。 人体は、およそ60兆個の細胞で構成されています。そしてその細胞はたんぱく質によって作られています。アミノ酸とはズバリこのたんぱく質を構成している物質がアミノ酸なのです。ちなみに、たんぱく質は20種類のアミノ酸から、合成されています。 自然界にはおよそ300種類のアミノ酸が存在するのですが、人体を構成しているのはその中のわずか20種類だけしかないのです。 このうち、ヒトが生体内で合成することの不可能なアミノ酸を必須アミノ酸とよびます。つまり、摂取を外界に依存していかなければならないアミノ酸のことです。 この8種類とはイソロイシン・ロイシン・バリン・リジン・スレオニン・トリプトファン・メチオニン・フェニ−ルアラニンの8種です。そのほか、ヒスチジンは体内でも合成されますが、発育期の幼児には不足がちであり、栄養学的にはこれも必須アミノ酸としています。アルギニンは準必須アミノ酸とされています。 とこのように、たんぱく質と深い係わり合いをもつアミノ酸を特集していきます。


スポンサードリンク

アミノ酸(あみのさん?)と私メニュー一覧

▼ アミノ酸のいろいろ

┗  

アミノ酸5大パワー
アミノ酸には5つの大きな働きがあると言われています。 では、そのアミノ酸の5大パ

┗  

アミノ酸たんぱく質について
たんぱく質・アミノ酸の働き・効果とは 人の体における必須アミノ酸は「イソロイシン

┗  

必須アミノ酸とは
必須アミノ酸とは、体内で合成することが不可能なため、必ず食事として摂る必要性があ

┗  

アミノ酸が含まれる料理
アミノ酸を結晶としてアスパラガスの芽の抽出物から取り出すことにフランスの学者が1