TOP >  アミノ酸 アミノ酸のいろいろ  >  アミノ酸たんぱく質について

アミノ酸たんぱく質について

たんぱく質・アミノ酸の働き・効果とは
人の体における必須アミノ酸は「イソロイシン」「ロイシン」「リジン」「バリン」「ヒスチジン」「トリプトファン」「スレオニン」「メチオニン」「フェニルアラニン」「アルギニン(成長期の子供のみ必須)」ということになっています。
たんぱく質は、私たちの臓器や筋肉を形成する成分となるだけでなく、生体反応の基本である酵素機能をコントロールする神経伝達物質やペプチドホルモンになります。

このほかにも、神経や脳の働きを活性化させたり、免疫機能を高めたりする機能がたんぱく質にはありますね。

たんぱく質・アミノ酸が不足した際の体への影響は?

我々の生命の維持において最重要なたんぱく質やアミノ酸が不足すると、体力・スタミナの低下、性的能力の弱化、記憶力、思考力の低下、神経症、うつなど様々な疾病や障害を引き起こす危険性があがりますね。

たんぱく質・アミノ酸を過剰に摂ることによる体への影響は?

植物性たんぱく質は低く、動物性たんぱく質は、アミノ酸スコアが高いものが多いです。
決まったたんぱく質ばかりを摂取すると、体の中のアミノ酸のバランスが悪くなってしまうため、バランスよくたんぱく質を摂るようにしましょう。
また、長い期間過剰にたんぱく質を摂取すると、腎臓や肝臓に負担がかかるようです。

アミノ酸は地球に太古の時代から存在する最古の栄養成分です。アミノ酸は、原始生命から現在のヒトに至るまで、「生命の源」として使われています。
ヒトの体の約60%は水と言われています。そして、残りのうちの約半分がアミノ酸(たんぱく質も含む)なのです。
アミノ酸は人間のカラダの細胞、酵素、ホルモンなどを形成するだけでなく、カラダにとっていろいろな大切な役割を担っているんですね。
たんぱく質は、20種類のアミノ酸から構成されているのです。 そのうちの9種類はカラダで合成されず、食事から摂取する必要があるため「必須アミノ酸」と呼ばれています。
この「必須アミノ酸」は適量をバランスよく食事から補うことが不可欠です。
バリン、ロイシン、イソロイシン、アラニン、アルギニン、グルタミン、リジン、アスパラギン酸、グルタミン酸、プロリン、システイン、スレオニン、メチオニン、ヒスチジン、フェニルアラニン、チロシン、トリプトファン、アスパラギン、グリシン、セリン となります。
私たちが体にとりいれるアミノ酸の好ましいバランスは、国際機関(FAO/WHO/UNU) によって定義されていますが、 このパターンと比較し、相対的に最も少ないアミノ酸を制限アミノ酸といい、これを補うことが必要ですね。
一般的に卵のたんぱく質などの動物性たんぱく質はアミノ酸スコアが良く、トウモロコシや小麦といった植物性たんぱく質のアミノ酸スコアは低いことが知られています。
例えば、卵のたんぱく質はアミノ酸スコアが100%です。たんぱく質の中でも最もアミノ酸のバランスが良いとされています。
精白米のアミノ酸スコアは61%で、小麦のたんぱく質のアミノ酸スコアは42%です。
どちらも最も不足する必須アミノ酸はリジンであることが知られています。

      

スポンサードリンク

この記事に関連するコンテンツ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/157

TOP >  アミノ酸 アミノ酸のいろいろ  >  アミノ酸たんぱく質について