TOP >  アミノ酸 アミノ酸のいろいろ  >  アミノ酸5大パワー

アミノ酸5大パワー

アミノ酸には5つの大きな働きがあると言われています。
では、そのアミノ酸の5大パワーとは何か見てみましょう。

1.肌再生するアミノ酸
 肌再生を、肌の原料となっているアミノ酸を摂取することでスピードアップすることができます。
 肌再生アミノ酸は、 アルギニン、プロリン、システインなどです。

2.体力アップのために
 体力アップが、筋肉内でエネルギー燃焼に作用しているアミノ酸を摂取することで可能になります。
 体力アップアミノ酸は、 ロイシン、イソロイシン、バリン、アルギニン などです。

3.脂肪燃焼に効果的
 脂肪燃焼は、脂肪燃焼を促すホルモンを構成するアミノ酸を多く摂取することで促進します。
 脂肪燃焼アミノ酸は、 プロリン、アラニン、リジン、アルギニン などです。

4.免疫力アップのために
 免疫力は、マクロファージなど免疫細胞を構成するアミノ酸を摂取することでアップします。
 免疫力アップアミノ酸は、 グルタミン酸、アルギニンなどです。

5.集中力アップのために
 脳の伝達物質であるアミノ酸を摂取することで活性化します。
 脳機能活性アミノ酸は チロシン、トリプトファンなどです。

以下、各アミノ酸の名称と特徴を見てみましょう。

■各アミノ酸名称と特徴

「アラニン」
 免疫システムの強化、低血糖症の緩和、腎臓結石の予防に有効

「グルタミン酸」
 脳の機能を高めたり、潰瘍の治りを早め、 疲労を軽減します。

「アスパラギン酸」
 免疫システムの強化、スタミナと耐久力を高めます。

「オルニチン」
 筋肉増強ホルモンとして働く、アルギニンの効力を高めます。

「システイン」
 皮膚・髪・爪の状態を良くします。

「ロイシン」「イソロイシン」「バリン」
 筋肉の基本的なエネルギー源となる、筋肉を増強、インシュリンの分泌とのバランスをとります。

「ヒスチジン」
 ストレスを軽減、慢性関節リウマチの症状を緩和します。

「フェニルアラニン」
 抗うつ薬的に働く、自然の鎮痛剤として機能する、食欲抑制の助けとなります。

「プロリン」
 傷の治りを良くする、学習能力を高めます。

「セリン」
 痛みを緩和、自然の抗精神薬として働きます。

「スレオニン」
 タンパク質を体が使えるようにするのに必要です。

「トリプトファン」
 不安を軽減、入眠を助けます。

「リジン」
 集中力を高める、単純疱疹の感染を予防する、受精率を高めます。

「メチオニン」
 コレステロールを下げる、精神分裂症・パーキンソン病の治療の助けとなります。

「チロジン」
 性能力を高める、食欲を抑制し気分を高揚させる、ストレスを軽減します。

「アルギニン」
 精子数を増加させる、筋肉組織を正常な状態にする、傷の治りを早める効果があります。

■必須アミノ酸のバランスは重要

タンパク質は、アミノ酸という物質が鎖状に繋がった構造をしています。アミノ酸の中には、体の中で作ることができないため、食物から摂取しなければならない必須アミノ酸というのが8種類もあります。ところが、いくら食べても、タンパク質を構成する必須アミノ酸の含有比率のバランスが整っていなければ、体の中で効率的に吸収されないのです。

■体内でいろいろな働きを行うのがタンパク質

人間の体の大半は水分であることはもうご存知ですね。実際、体を構成する物質のうちの70%は水分です。そして、次に多いのがタンパク質であり、構成比率は15〜20%となっています。人間の体においては3万〜10万種類のタンパク質がいろいろな働きを行っており、生命を維持するというすごく大切な昨日を果たしているのです。
人間に限らず、動物の筋肉、皮膚、歯、髪といった、タンパク質は体のあらゆる部分に含まれています。理想的な食生活を実現することにおいて、良質なタンパク質を摂取することは、常に考えておく必要のある要素ですね。

      

スポンサードリンク

この記事に関連するコンテンツ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/158

TOP >  アミノ酸 アミノ酸のいろいろ  >  アミノ酸5大パワー