TOP >  足つぼ・痛み  >  足つぼ・変形性膝関節痛

足つぼ・変形性膝関節痛

足つぼという言葉が最近流行しているようですが、例えば変形性膝関節痛(へんけいせいしつかんせつつう)という言葉をご存知ですか?これは階段を下りるのがつらい、また、膝をまげたり、体重をかけることができない・・・これらの症状はは、変形性膝関節痛の人がまず最初に訴える症状です。変形性膝関節痛は、膝の軟骨がすりへって起こる痛みで、老化現象によって発生するといわれています。ということは、誰でもなる可能性がある疾患といえるのですね。

この他に膝の痛みをもたらす疾患は多数あり、慢性関節リウマチや、感染性関節痛です。これらのなかで、ツボ刺激によって効果があるのは、変形性膝関節痛です。膝の皿の周辺を温めてマッサージし、膝眼という足ツボを刺激するのです。膝眼(しつがん)は、膝を90度曲げたときに、皿の下の外側と内側にふたつのくぼみができます。ここが外側と内側の膝眼です。この2つのツボを集中して刺激しましょう。ツボに灸をすえると膝が軽くなるのがわかります。また、変形性膝関節痛の場合、膝や腰になるべく負担をかけないようにすることも重要な治療となりますね。つらいですが太りすぎの方は、減量も必要かもしれませんし、硬いアスファルトの道路の上を長く歩いたり、ジョギングするのも避けるのが良いでしょうか。また、積極的に太ももの前の筋肉を鍛えるようにすると、老化で弱った足腰をサポートすることができますよ。是非、毎日のトレーニングと合わせて足ツボ刺激を日課にしてみましょう。


                


Google

この記事に関連する記事一覧

TOP >  足つぼ・痛み  >  足つぼ・変形性膝関節痛

▼ キーワードで情報を探す


▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼足つぼマッサージ情報サイトのオススメ本