TOP >  足つぼマッサージの注意  >  足つぼ刺激をしてはいけない人

足つぼ刺激をしてはいけない人

足ツボを丹念に刺激することが腰痛の場合には効果があります。しかし、それは同じ腰痛でも姿勢の悪さや不慣れな動作によって起こった痛みや、長時間の運転、準備不足の運動によるしびれや痛みの類で、老化による変形性脊椎症など骨の異常による病気には対しては、足ツボはおろか、全身のツボでもやはり効果は期待できません。
腰痛は胆のう炎や癌でも起きることがありますし、その場合もツボ刺激では効き目はありません。むしろ、効かないままに自宅などでツボ刺激に頼っていたばかりに、治療が手遅れになることにならないような注意が必要ですね。

つぼ刺激療法は、熱があるときや極端に身体が衰弱しているときは避けたほうが良いでしょう。
また、治療の前後は、すぐに入浴したり飲酒をするのは避けたほうがいいと言われています。身体の老廃物がスムーズに排出されるように水分を十分に摂ると良いですね。特に、まだ治療になれていない人は、治療後に身体が重だるく感じたり、熱っぽく感じたりすることもありますがこのような症状は、翌日には消えますのでほとんど心配は要りません。身体がなれてしまえば、徐々にこのような症状は消えていくとでしょう。もしなかなか消えない場合は、刺激量が多すぎるのかもしれませんから、刺激量を調節したほうがいいでしょう。

また、足つぼは、足を怪我している場合や、脳出血、脳血栓の直後、心臓病や重い腎臓病、悪性腫瘍、妊娠中、不整脈がある場合などは刺激してはいけませんよ。


                


Google

この記事に関連する記事一覧

TOP >  足つぼマッサージの注意  >  足つぼ刺激をしてはいけない人

▼ キーワードで情報を探す


▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼足つぼマッサージ情報サイトのオススメ本