TOP >  足つぼマッサージの注意  >  足つぼ刺激の注意点

足つぼ刺激の注意点

足ツボを刺激すると、「痛気持ちイィ」で、ついつい病みつきになってしまいますよね。でも、何事もやりすぎは禁物ですし、人によっては体調によってはツボ刺激をしないほうが良い人や、つぼを刺激してはいけない人もいます。

では、何時どれ位がちょうど良いのでしょうか?

足つぼ刺激は1日に15分から30分が目安といわれていますね。
なるべく夕食のあとに、また、1時間〜2時間後のリラックスしたときに行うと効果があります。
足ツボ刺激法をマスターすると、ついつい気持ちよくなり、毎日続けたくなりますが、休みを挟んだほうが効果が大きいこともあるのです。筋収縮性の頭痛などでは、一回の刺激ですっかり痛みが引いてしまうこともありますし、かなり長期にわたって治療を続けることが必要な病気もあります。

足つぼ刺激は、病気の種類や程度によって治療日数にかなりの違いがでます。
急性の場合は比較的早く治りますし、慢性の病気であるほど長期間を要するようです。
数ヶ月とか数年かけて出てきた慢性の病気は、治すのにもやはり数ヶ月、数年の治療年月が必要となるという訳ですね。

途中で治療を中断したり、あまりに間隔をあけたりすると、治療効果をさげることがあります。症状が思わしくない場合は、毎日または隔日で治療が必要なこともありますので、ある程度症状が緩和されたのなら週に2回ぐらいのペースで行うと良いですね。

また、ツボ刺激、特に足ツボの指圧による刺激は自分でもできますが、信頼できるパートナーにやってもらうと心身ともにリラックスできます。


                


Google

この記事に関連する記事一覧

TOP >  足つぼマッサージの注意  >  足つぼ刺激の注意点

▼ キーワードで情報を探す


▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼足つぼマッサージ情報サイトのオススメ本