TOP >  足つぼ  >  足つぼ・手技の効果

足つぼ・手技の効果

6つの刺激法の効果とはどのようなものでしょうか?あんま、指圧、マッサージといった手技療法には、治療を行う場所や症状によってもっとも効果的な刺激法を選択して行うことが治療効果を高めるうえで大切なカギとなります。

指圧。これは最もおなじみの手技療法で、日本で生まれ発達してきた手技療法です。足ツボをはじめ、ツボを指圧していく方法で、主に「押す」刺激法となりますが、叩いたりさすることも取り入れて行うと足ツボ全体に刺激が行き渡るのです。

1.さすること

まず手のひらを皮膚面にしっかり当てて滑らせるのがコツです。かならず末端から心臓に近い方向へ向かって求心的にマッサージします。それにより、血液やリンパの流れが良くなって新陳代謝を盛んにします。

2.揉むこと

手の指またはてのひらの付け根を使って揉みほぐします。手を皮膚に密着させて心臓の方向に行うのがコツです。血流をよくし、筋肉の疲れを取っていき皮膚組織の異常も除去されます。

3.こねること

揉むときと同様に手指を用います。圧しつかみしぼる、ようにします。

4.叩くこと

こぶしや手のひらなどで叩きます。軽くたたくことによって、血管や筋肉を収縮させ、強く長時間叩くことで逆に血管を広げ、筋肉を緩ませることができます。

5.震わすこと

指先やてのひらを当てて振動させます。これが筋肉や神経の働きを高めます。

6.押すこと

指先で皮膚に圧迫を与える方法で、持続的に押すと、高ぶっている機能を抑制する働きをします。押しては離しを繰り返すと機能を高めるように働いていきます。

刺激の度合いによってまったく正反対の効用があることから、どの刺激法を選択するかと同様に強弱や量を調節し選択することも治療の重要なカギです。


                


Google

この記事に関連する記事一覧

TOP >  足つぼ  >  足つぼ・手技の効果

▼ キーワードで情報を探す


▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼足つぼマッサージ情報サイトのオススメ本