TOP >  足つぼ  >  足つぼと更年期障害

足つぼと更年期障害

女性は40代から50代にかけてホルモンのバランスが変わりますよね。のぼせたりいらいらしたり、これは女性でなければわからない悩みです。

家庭でのストレス、老化へのあせりなどたまり方の程度によっては更年期障害のさまざまな症状が現れることにもなりかねませんね。疲労感、ほてり、肩こり、腰痛などなど・・・不快症状のある特定の場所だけでなく、自律神経の乱れを起こし、何となくの憂鬱さなども引き起こすのです。
病院でもなかなかわかってもらえず、悩みをひとりで抱えてしまいがちです。また、それがさらにストレスを生む原因にもなりかねませんね。

足つぼは更年期障害にも非常に有効です。全身のバランスを取り戻すのに、是非、もっと活用していただきたい治療法ではないでしょうか。
できれば、これはパートナーといっしょにやってほしいですね。相手の心遣いを感じることで症状もきっとやわらぐことでしょう。

更年期障害に効く足つぼは、足の三陰交(さんいんこう)です。内くるぶしの上指4本分、骨のうしろ指1本分に位置しています。
また、血海(けっかい)という足つぼも有効です。膝の皿の内側上縁から、指2本分上にあります。これらの足ツボは、女性の気血(きけつ)のめぐりをよくし、調節するのに欠かせない重要なつぼです。

ほかには、頭にある百会(ひゃくえ)いうツボは、いらいらやのぼせなど、自律神経を整えるのに効果があります。頭のてっぺんの左右中央の線上にあります。


                


Google

この記事に関連する記事一覧

TOP >  足つぼ  >  足つぼと更年期障害

▼ キーワードで情報を探す


▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼足つぼマッサージ情報サイトのオススメ本