TOP >  足つぼの歴史  >  足つぼ・ツボ刺激法の歴史

足つぼ・ツボ刺激法の歴史

足つぼ療法が最近は人気急上昇ですが、実はこのツボ療法は非常に長い歴史を持ってます。針灸の起源は古代中国にあり、今からおよそ2000年以上昔、人間の身体の特定の場所を温めたり、あるいは石などで刺激したりすると、治療効果があることを当時の人はすでに知っていたのですね。どの場所に刺激を与えたらどのような病気に効果でるのか、医学者たちは蓄積した経験を積み上げて行ったのです。
それらの成果を一冊の本にまとめたのが、今日残る最古の医書である『黄帝内経』なのです。この書には、人体の生理や病理、養生法が記され、それに針灸治療の基本となるつぼ(経穴)や、つぼを結んだ経絡、および治療に関する理論などが解説されています。
中国のこうした理論が日本に伝えられたのは、西暦414年といわれますが、その後針灸が一般に広がるまでにはまだまだまだ時間がかかってしまいました。一般の人たちが針灸の恩恵を受けられるようになったのは、室町時代に入ってからと言われています。そして江戸時代には、日本独特の針灸治療が生まれたのです。

江戸時代に発展をあげた針灸治療は明治維新以後に西洋医学の導入の中で衰退していきました。
再び注目されたのは、1972年、アメリカのニクソン大統領が訪中したときです。大統領が中国で針麻酔を受ける様子がテレビ放送されたのをきっかけに見直されました。


                


Google

この記事に関連する記事一覧

TOP >  足つぼの歴史  >  足つぼ・ツボ刺激法の歴史

▼ キーワードで情報を探す


▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼足つぼマッサージ情報サイトのオススメ本