TOP >  足つぼ  >  足つぼの家庭での刺激法

足つぼの家庭での刺激法

足つぼをはじめとして、ツボ療法が注目をあびているようですが、実際はどのように行うのが有効なのでしょうか?
例えば、指圧をすると指が痛くなりがちです。痛くならないようにツボを刺激するにはどのようにしたらいいのでしょうか?

指圧は指先だけに力を入れて押そうとすると、指を痛めますし、それでは押されている人も気持ちよく受けられないのではないでしょうね。
親指で押す場合は、指で押そうとせずに自分の体重を徐々に加えていきます。このように体重で押すにはまず、
ひじを伸ばすことと、相手のからだに垂直に加圧するようにするのがコツです。
そのため、押す人と、押される人がお互いに正しい姿勢をとることが大切ですね。はじめての場合はゆっくりと、相手の具合を見ながら指圧していくのが治療のポイントです。

指圧だけでなく、身の回りの道具を有効に活用するのもいいですね。そうすれば家庭でも針灸療法に近い効果を上げることができます。

家庭でできる針治療としては下記の方法などがあります:

●つまようじの針での針灸療法・・・つまようじを親指と人さし指のあいだにはさんで、ツボをつつくように皮膚を刺激します。これはつまようじの枝の部分でツボを軽くつつく程度で十分に効果的な刺激を与えることができます。

●ブラシ針での針灸療法・・・ブラシの柄の部分を軽く持ってポンポンと叩くようにしたり、ブラシをすべらせて軽くこするようにします。

●つまようじの集合針での針灸療法・・・30本から40本のつまようじを束ねて輪ゴムでしばります。

●粒針での針灸療法・・・ビーズや米粒などの小さな突起物を絆創膏の中央に入れてツボに張ります。次にその上から時々押し付けるだけで針のような効き目がありますよ。
足ツボには張りっぱなしにしておくと歩くたびに刺激になり効果があります。


                


Google

この記事に関連する記事一覧

TOP >  足つぼ  >  足つぼの家庭での刺激法

▼ キーワードで情報を探す


▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼足つぼマッサージ情報サイトのオススメ本