TOP >  足つぼ  >  足つぼの位置

足つぼの位置

足ツボが注目を浴びてきている中で、最近は病院や診療所などで針灸治療を行うところが増えていますね。
癌やウィルス・細菌感染などの病気にはあまり効果は期待できませが、西洋医学の治療で効果があがらなかった慢性的な痛みやしびれには特に有効であるといわれます。
針灸療法で針を刺したり灸をすえたりする治療点は、ツボ(経穴)と呼ばれる場所で、ツボは経路の上にあります。経路というのは、「気と血」の通り道のことです。

このツボおよび経路というのは、どのような場所にあり、どのような役割をしているのでか見てみましょう。

日本で決められたツボの数は全部で361です。
しかも多くが足に集中していることから、足ツボが人気なのです。
ツボは体に無秩序に広がっているわけではなく、一定のラインに沿って並んでいます。このツボを結んだ線が「経路」と言い、その数は多数にのぼりますが、代表的なものは14本です。

六臓六腑という言葉を聞いたことがありますか?
それなら五臓六腑はどうでしょう? 
六臓六腑は、この五臓六腑に心包(しんぽう)の臓を含めて六臓六腑としたものです。
それぞれの臓腑に対応し、六臓六腑をめぐり、各臓腑の調整を行う経路が12本あるのです。

残りの2本の経路は、顔、胸、腹のまんなかを通る任脈(にんみゃく)と、背中のまんなかから頭を通る督脈(とくみゃく)といいます。これらのふたつの経路は、12本の経路「十二経」を流れるエネルギーの過不足を調整する重要な役目を果たしているのです。但し、ここで言うところのエネルギーとは、東洋医学独特の「気血」という概念のことです。


                


Google

この記事に関連する記事一覧

TOP >  足つぼ  >  足つぼの位置

▼ キーワードで情報を探す


▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼足つぼマッサージ情報サイトのオススメ本