TOP >  足つぼの歴史  >  足つぼ・反射帯療法の歴史

足つぼ・反射帯療法の歴史

足ツボ療法とよく似たものには反射帯療法とうものがあります。
リフレックス・ソロジィとも呼ばれますが。
ツボ療法はツボを的確に探し出すことが絶対的に必要なため素人には難しい面もあるのに対し、リフレックス・ソロジィは、ツボよりも広いゾーン(反射帯)を刺激することから、素人でも比較的容易にできるとして欧米などを中心に注目されています。

足の反射帯といものを最初に発見したのは、古代インド人ではないかといわれています。インドには、今から2500年以上前に、「仏足跡」というものが存在していて「仏足跡」というのは、釈迦の足の裏の形を石に刻んだものです。
この仏足跡のな中に人体図が描かれているものがあるのです。これが反射帯をあらわしているのではないか、といわれています。

反射帯療法(リフレックス・ソロジィ)を現在のように治療として体系化したのは、アメリカのフィッツジェラルド博士(1872〜1942年)と言われています。
フィッツジェラルド博士は、研究を積み重ねて「足は全身を映す鏡のようなものであり、足の反射帯は人体の臓器や組織と密接な関係がある」という結論を導き出しました。
また後に、『足はすべてを物語る』で有名な、アメリカのイングハム女史により、リフレックス・ソロジィというのはは、一般的に知られるようになりました。
次にドイツのマルカート女史の『足の反射療法』が1974年に発刊されると、ドイツをはじめとしてヨーロッパ、アメリカへと大変な反響を呼んだのです。


                


Google

この記事に関連する記事一覧

TOP >  足つぼの歴史  >  足つぼ・反射帯療法の歴史

▼ キーワードで情報を探す


▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼足つぼマッサージ情報サイトのオススメ本