TOP >  足つぼ  >  足つぼ・足の反射帯療法

足つぼ・足の反射帯療法

ツボ療法と非常によく似通っているのが、反射帯療法です。これは一定の広がり(ゾーン)を刺激するもので、ツボを的確に見つけることが難しい素人には比較的容易に行えるものとして、現在では治療法としての市民権まで得ています。また、ドイツをはじめとするヨーロッパ、アメリカにいたるまで、大変な反響を呼んでいます。
足の裏にある反射帯は、身体全体の臓器や組織と対応していて、その症状をよくあらわすといわれます。反射帯を押してみて痛いところがあれば、それは対応する臓器や組織に何らかのトラブルがあるということですね。
見方を変えれば、そのような箇所に、積極的に押す、もむ、突く、などの刺激を与えることでそのトラブルを予防・改善することもできます。これが「足の反射帯療法」です。「リフレックス・ソロジィ」と呼ばれています。
考え方自体は、ツボ療法とよく似ています。

「足の反射帯療法」の効果は、現代の科学では、まだ完全に証明されたわけではありませんが世界各国からは、「リフレックス・ソロジィ(足の反射帯療法)によって、患者の治療および健康管理に著しい効果があらわれた」という報告が寄せられているようです。
今後もっと研究調査の結果が寄せられれば、その効果・治療法が認められるようになるかもしれません。

足ツボ療法に並び、今後はリフレックス・ソロジィも期待される治療法といえます。


                


Google

この記事に関連する記事一覧

TOP >  足つぼ  >  足つぼ・足の反射帯療法

▼ キーワードで情報を探す


▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼足つぼマッサージ情報サイトのオススメ本