TOP >  足つぼ  >  足つぼ・刺激法

足つぼ・刺激法

ツボ療法は、「病気」というほどでもないけれども、何となく疲れが抜けない、身体がだるい、頭が重い、といった症状は、「病名」がつかないだけによりいっそうつらいものいわゆる、「何となくの体調不良」に効果が期待されています。

足ツボ療法は、足の裏に存在する経穴(ツボ)を刺激することによって全身の健康を管理し、向上させようというものです。

足つぼの刺激方法には、次の基本的な4つの方法があります:

●「なぜる、さする」・・・血液とリンパの循環を活性化して、新陳代謝を活発にします。精神をリラックスさせる効果が期待できますから全体の治療の初めと終わりに行うとよいでしょう。

●「叩く、突く」・・・消化器系が弱っているときに消化器系のツボを叩きます。交感神経が正常に活動していないときなどには、ツボを突くことによって効果が現れます。

●「もむ」・・・足の裏からすねまで使えるテクニックで、血行が良くなり、各器官の機能が高まります。筋肉の疲労回復にも効果があるといわれています。

●「揺らす、ふるわす」・・・つぼとよく似た効果をもち、身体の臓器や組織と対応したゾーン(反射帯)を振動させると、副交感神経が活発に働くようになります。
消化器系の疲労回復に効果があるといわれ、この方法は、人にやってもらうとより効果が高まるといわれます。


                


Google

この記事に関連する記事一覧

TOP >  足つぼ  >  足つぼ・刺激法

▼ キーワードで情報を探す


▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼足つぼマッサージ情報サイトのオススメ本