TOP >  足つぼ  >  足つぼ・足の裏の刺激

足つぼ・足の裏の刺激

足の裏を刺激する「ツボ療法」は、誰にでもできる簡単なマッサージ法です。
肩こりや頭痛、冷え性、便秘・・・何かとお疲れの現代人!
疲れているのはサラリーマンのお父さんたちだけではありませんよね。
OLや主婦の方、さらには塾通いに忙しい小学生、中学生、そして受験生の人たちまで、国民「総お疲れ!」の時代です。マッサージに通う人は年々増えてきているようです。

足の裏にある経穴(つぼ)は、身体全体の臓器や組織と対応していて、その状態を如実に反映するといわれてます。これは、ツボを押してみて痛いところがあったなら、そこに対応する臓器にトラブルがあるということを意味します。
そして、逆にそのつぼを積極的に刺激して体調を改善することも可能です。
これを体系的に発達させたのが、東洋医学のツボ療法であり、欧米で最近話題になっている「足の反射帯療法」です。
この両者は似通ったところもありますが、ツボ療法はツボを的確に把握していることが絶対条件となるのに対して、反射帯療法は一定の広がりつまり、ゾーンを刺激するものなので、素人にとってはこちらのほうが比較的容易に行えるという違いがあります。

ツボ療法にしろ、足の反射帯療法にしろ、なぜそれが効果をもたらすのかはまだ現在の科学では完全には解明されていないのですが、世界各国の研究者から、これらの療法によって患者の治療および健康管理に顕著な効果がみられるという報告が寄せられているのです。


                


Google

この記事に関連する記事一覧

TOP >  足つぼ  >  足つぼ・足の裏の刺激

▼ キーワードで情報を探す


▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼足つぼマッサージ情報サイトのオススメ本