足つぼマッサージ情報サイトTOP >  足つぼ

足つぼ

このサイトのメニューです。じっくりご覧になって下さいね。

足つぼ項目一覧

▼ 足つぼ・足の裏の刺激

足の裏を刺激する「ツボ療法」は、誰にでもできる簡単なマッサージ法です。 肩こりや頭痛、冷え性、便秘・・・何かとお疲れの現代人! 疲れているのはサラリーマンのお父さんたちだけではありませんよね。 OLや主婦の方、さらには塾通いに忙しい小学生、中学生、そして受験生の人たちまで、国民「総お疲れ!」の時代で

▼ 足つぼ・刺激法

ツボ療法は、「病気」というほどでもないけれども、何となく疲れが抜けない、身体がだるい、頭が重い、といった症状は、「病名」がつかないだけによりいっそうつらいものいわゆる、「何となくの体調不良」に効果が期待されています。 足ツボ療法は、足の裏に存在する経穴(ツボ)を刺激することによって全身の健康を管理し

▼ 足つぼ・足の反射帯療法

ツボ療法と非常によく似通っているのが、反射帯療法です。これは一定の広がり(ゾーン)を刺激するもので、ツボを的確に見つけることが難しい素人には比較的容易に行えるものとして、現在では治療法としての市民権まで得ています。また、ドイツをはじめとするヨーロッパ、アメリカにいたるまで、大変な反響を呼んでいます。

▼ 足つぼの位置

足ツボが注目を浴びてきている中で、最近は病院や診療所などで針灸治療を行うところが増えていますね。 癌やウィルス・細菌感染などの病気にはあまり効果は期待できませが、西洋医学の治療で効果があがらなかった慢性的な痛みやしびれには特に有効であるといわれます。 針灸療法で針を刺したり灸をすえたりする治療点は、

▼ 足つぼ・東洋医学の考え方

東洋医学の針灸治療は、西洋医学では、いまひとつ効果を発揮できない慢性的な痛みやしびれに対し、最近、効果が期待されているものです。 針灸治療というのは、身体に位置する数々のツボ(経穴)に針を刺したり、灸をすえたりして刺激することにより、そのツボに対応する臓器や組織の活動を活発にするものです。また、つぼ

▼ 足つぼと五行論

東洋医学は近年、西洋医学では効果がない疾患に対する治療法として、あるいは西洋医学に併用する治療法として注目を浴びています。 足ツボ療法は、針灸治療に並んで、また、それよりも比較的容易にできる治療法として人気が高まっています。 東洋医学の考え方の基盤とされているのが、古代中国の哲学、「陰陽論」と「五行

▼ 足つぼが有効な理由

つぼを治療するとなぜ、効果があるのでしょうか? 西洋医学と併用して、あるいは西洋医学では効果が期待できない慢性的な痛みなどにツボ治療が、特にツボが集中する足ツボ療法が注目されています。 からだが健康・健全であるというときには、気血のエネルギーが全身にまんべんなく、また、滞りなく円滑に巡っているもので

▼ 腰痛のツボ

姿勢の悪さなどによる腰痛の場合は、ツボ治療が非常に効果的です。的確なツボに刺激を与えることで腰部の筋肉に滞っていた疲労物質が取り除かれ、痛みが緩和されます。 でも、そもそも腰痛の原因には、長時間の車の運転や、準備不足での運動、姿勢の悪さなど、日常生活におけるいろいろなことがあり、その他にも椎間板ヘル

▼ 足つぼの家庭での刺激法

足つぼをはじめとして、ツボ療法が注目をあびているようですが、実際はどのように行うのが有効なのでしょうか? 例えば、指圧をすると指が痛くなりがちです。痛くならないようにツボを刺激するにはどのようにしたらいいのでしょうか? 指圧は指先だけに力を入れて押そうとすると、指を痛めますし、それでは押されている人

▼ 足つぼ・指圧法の種類

ツボ指圧を家庭でするときには、どのようにすると効果が期待できるのでしょうか?同じ「押す」でも指圧は持続的に力を入れるのが、あんまの場合は、押して離すの繰り返しであるのが特徴です。この持続圧が、指圧の効果を生むといわれています。 指圧の圧法は大きく分けて6つです。症状や押す場所に応じて最も効果的な圧法

▼ 足つぼ・あんま、指圧、マッサージ

針灸療法のような道具を用いる治療法以外に東洋医学には、「手」を用いた手技療法があります。 足つぼもそのひとつですが、おなかが痛いときにおなかに手をやって、知らず知らずのうちにさすっていたとか、頭が痛いときに、こめかみを押していた、など、私たちは無意識にやっていることがあります。 これは「手当て」とい

▼ 足つぼ刺激による効果

あんま、指圧、マッサージ、その発祥の地や発達してきた経緯はそれぞれ違っても、いずれも「手当て」という手技療法です。足ツボをはじめとして、家庭でできる気軽な治療法として現在、注目を浴びています。足ツボは、「ちょっぴり痛いけど・・・気持ち良い!」のですが、実際、身体に対してどのような効果、影響があるのか

▼ 足つぼ・手技療法の刺激法

足つぼ療法が注目を集めていますが、日本発祥、発展の指圧の他に世界には「手当て」といえる手技療法があります。例えば「あんま」は、中国発祥、発展の手技療法ですし、また、マッサージは西洋発祥、発展の手技療法です。 手技療法の刺激法には、次の6つがあります。 1.さすること マッサージで中心となる刺激法で、

▼ 足つぼ・手技の効果

6つの刺激法の効果とはどのようなものでしょうか?あんま、指圧、マッサージといった手技療法には、治療を行う場所や症状によってもっとも効果的な刺激法を選択して行うことが治療効果を高めるうえで大切なカギとなります。 指圧。これは最もおなじみの手技療法で、日本で生まれ発達してきた手技療法です。足ツボをはじめ

▼ 足つぼと不眠症

睡眠と言うのは、どれほど眠れば十分であるかは個人差がありますね。そのため何時間、睡眠時間をとるべきである、と一概に言うことが出来ません。しかし昼間に頭がぼーっとしたり、身体全体が重い、けだるいというときは眠りが足りない、あるいは質が良くないのかもしれませんね。 そのようなときには、ツボを刺激すること

▼ 足つぼ・ツボ刺激の作用

足の裏にはつぼというツボが集中していることから、つぼ療法のなかでも足ツボは特に有名ですね。つぼ、すなわち経穴と言うものは、身体全体に広がっていますから、これらのツボを刺激することによってなぜ、身体の状態が改善または良好に維持できるのでしょうかという理由について、明治時代から研究がなされてきました。

▼ 足つぼ・ツボ療法で効果がある病気

つぼ療法、特に足つぼを指で指圧する療法は、家庭で比較的容易にできることから人気が非常に高まっていますね。これは道具を用いずに手で行う、手技療法、つまり、「手当て」です。 対して、針や灸を用いる針灸療法は、一部家庭でも行うことができますが、通常、針灸治療院や、最近では病院や診療所でも西洋医学による治療

▼ 足つぼ・冷え性とツボ療法

女性の大きな悩みのひとつに手足の先が冷たいということがあります。東洋医学では、冷えは、肝経(かんけい)と腎経(じんけい)という特定の経絡に気血のとどこおりがあることによって起こるとされます。夏で額には汗が流れているのに、手足は冷たい、と訴える人は案外多いのです。また、女性に多いのが特徴です。 治療に

▼ 足つぼ・慢性疲労対策のツボ

足つぼマッサージは、一日の終わりに行うと効果的です。 疲労回復に効果がある足つぼをゆっくりと揉みほぐしましょう。だんだんと気持ちが満ちたり、身体がぽかぽかしてきますね。お風呂上りなどのリラックスした時間に行うのが最適です。 足つぼの中でも疲労回復に効くと言われているところは、足三里(あしさんり)と良

▼ 足つぼ・足マッサージ

足つぼマッサージは、的確にその場所を突き止めてそこを指圧することができれば効果が倍増します。でも、素人にはツボの正確な位置を把握することはなかなか難しいでしょう。つぼを含めて、その周辺一帯をマッサージすることだけでも十分効果がありますのでやってみて下さい。 足つぼ全体を刺激するのには、ゴルフボールを

▼ 足つぼ・ペアでマッサージ

足つぼの指圧は、自分でやってももちろん効果がありますが、信頼できるパートナーといっしょにお互いの足つぼを押したり、マッサージすることで、より効き目が高いといわれていますね。これはお互いの疲れをいやそうという気持ちが心をリラックスさせるのかもしれません。また、このことは忙しい毎日のなかでパートナーとの

▼ 足つぼと消化器の悩み

足つぼマッサージは、女性の最大の悩みのひとつ、便秘!にも効果があるようですよ。 便秘はお肌の調子が悪くなり、そもそも何を食べてもおいしく感じられなくなってしまいますよね。また、、胃腸が悪くて下痢を繰り返す人もいます。ストレスが原因の神経性の下痢に対しては、足つぼマッサージが特効薬となります。また、最

▼ 足つぼと更年期障害

女性は40代から50代にかけてホルモンのバランスが変わりますよね。のぼせたりいらいらしたり、これは女性でなければわからない悩みです。 家庭でのストレス、老化へのあせりなどたまり方の程度によっては更年期障害のさまざまな症状が現れることにもなりかねませんね。疲労感、ほてり、肩こり、腰痛などなど・・・不快

足つぼマッサージ情報サイトTOP >  足つぼ


スポンサードリンク

▼ キーワードで情報を探す


▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼お問い合わせ

  • お問い合わせ、相互リンク
    はinfo@@adxba.comまで。
    メールの際には@は1コに
    変えて下さいね!
    よろしくお願いします。

▼足つぼマッサージ情報サイトのオススメ本