TOP >  キャロウェイブランドのこと  >  キャロウェイ上田桃子

キャロウェイ上田桃子

アメリカ最大のゴルフメーカー「キャロウェイゴルフ」の契約選手である上田桃子プロは
ゴルファーであれば誰もが知っている名前であり、ゴルフをやらない方でもニュースなどで耳にした事はあると思います。

彼女は07年、史上最年少での賞金女王となっており注目されていますね。

キャロウェイゴルフのスタッフプレイヤーとして、プロデビュー2年目で類まれなる実力を証明するかの様に、多くの記録ラッシュを作りました。
2007年11月2日〜4日で開催された「ミズノクラッシック」でも、スコア−13で見事優勝しましたね。

これは「ライフカードレディスゴルフトーナメント」、「リゾートトラストレディス」、「スタンレーレディスゴルフトーナメント」に次いで自身4勝目となり、日本人としては史上最年少での米ツアー優勝になりました。

去年の「ミズノクラシック」では、世界の強豪プレイヤーと最終組でラウンドしたのですが、本来の実力が発揮できずに9位タイという結果に終わりましたが、今回の優勝はファンにとって嬉しかったでしょう。

「ミズノクラシック」の7番ホール第2打目、パー5に対し、キャロウェイゴルフの「Xフェアウェイウッド」の3番で放たれたショットは235ヤード先のカップに直接カップインしました。

日本人史上8人目となる、100万回に1回の確率でしか出ないと言われているアルバトロスを記録しちゃったのです。

プロでも何が起こるか分らないゴルフですが、波に乗った去年、史上最年少の賞金女王に輝いたのも頷けますね。


               


Google

この記事に関連する記事一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/406

TOP >  キャロウェイブランドのこと  >  キャロウェイ上田桃子

▼ キーワードで情報を探す


▼ ドラコン王者のスイング

▼お気入りに追加しよう

▼キャロウェイはなぜ人気なのか?のオススメ本