TOP >  キャロウェイブランドのこと  >  キャロウェイの歴史

キャロウェイの歴史

キャロウェイゴルフ=ゴルファーに人気が高い、アメリカ最大のゴルフメーカーの歴史について少し触れてみましょう。

●1982年にカリフォルニア州パームスプリングスにあるゴルフクラブメーカーを、ジョージア州の実業家"イリー・リーブス・キャロウェイ"が買収し、社名を「Callaway Hickoly Stick USA」としてスタートします。

●1988年には独創的なクラブヘッド設計を織り込んだ斬新なアイアンセット「S2H2」を発売。名前の意味は、「短くて、まっすぐに、貫通したホーゼル」と言う事です。
この年に社名を現在の「Callaway Golf Company」に改名します。

●1991年には大型のメタルウッド「ビックバーサ」を発売。
「ビックバーサ」の名前の由来は、ドイツ軍が第一次世界大戦の時に開発した高性能のキャノン砲から付けられました。「より遠くへ、正確に打つことができる」という意味です。

●翌年1992年のシーズン終了時に、この「ビックバーサ」は現在のネイション・ワイド・ツアーでプロの使用率No1となります。
この年にゴルフメーカーとしては初めてとなる「ニューヨーク証券取引所」へ上場を果たしました。

●1993年には「アニカ・ソレンスタム」がキャロウェイゴルフの契約プロプレーヤーとなります。

●1997年にパターメーカーとして当時人気のNo1だった「オデッセイ・スポーツ」を買収。

●2001年7月5日、「イリー・キャロウェイ」は82歳の生涯を終えました。


               


Google

この記事に関連する記事一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/410

TOP >  キャロウェイブランドのこと  >  キャロウェイの歴史

▼ キーワードで情報を探す


▼ ドラコン王者のスイング

▼お気入りに追加しよう

▼キャロウェイはなぜ人気なのか?のオススメ本