TOP >  派遣 派遣 社員  >  派遣契約で多い問題

派遣契約で多い問題

派遣契約中によく聞かれる問題に派遣期間途中での契約の終了があります。
派遣会社から契約満了前に突然契約終了を告げられた場合、何等かの補償はしてもらえるのかという疑問がわきますね。
派遣社員が雇用契約を結んでいるのは派遣会社なので、契約の途中終了によって派遣先に生じる影響は関係ないという事になってしまいます。
派遣会社も現実的にはクライアント企業に対しての信用問題があるので、関係ないとは言っていられない気がします。
派遣契約が途中終了となる場合は、休業補償と契約短縮のどちらかになります。
派遣会社との契約期間が残っているのにも関わらず、業務を続けさせる事ができない何らかの事情が発生した場合は派遣会社は休業補償をする義務があるんですよ。
派遣先の事情等により契約を途中終了させた時は、派遣会社は契約満了日まで空白の期間がないように同条件の仕事の紹介をしなくてはならないことになってます。
それができない場合には、紹介が間に合わず業務に就けなかった期間は休業として平均賃金の60%を支払い休業補償をする義務があります。派遣会社からもし紹介があったにも関わらずその仕事を断ってしまうと、仕事をする意思がないと判断され休業補償が打切られてしまいます。
派遣社員にも法律で定められている休業補償ですが、もし万が一同意書にサインする等して短縮する事に同意をしていた場合はこれに当たらないようです。
派遣会社との契約期間と短縮する事は双方合意の上、という事になって、たとえ契約期間が残っていても補償はないのがつうじょうです。
派遣契約に関する書面は必ずしっかりと目を通しましょう。


スポンサードリンク

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/90

TOP >  派遣 派遣 社員  >  派遣契約で多い問題