TOP >  発毛  >  発毛・発毛剤のタイプ

発毛・発毛剤のタイプ

医学の進歩や研究の結果により、ホンマに様々な発毛剤の種類が発売される様になったんや。
今までは不可能なことも、いつか可能にしてしまいそうな勢いや。

では、発毛剤のタイプにはどないなものがあるでっしゃろか?
残念ながら万能薬は無いので、症状や体質に合ったものを使用するとええと思うで。

■頭皮に塗布するタイプの発毛剤
良く聞く事のある「ミノキシジル」
大正製薬のリアップやけどアンタ、脱毛における大きな要因である男性ホルモンの働きを抑制しまんねん。
男性ホルモンは、毛母細胞の活動を抑えてしまい、その結果、男性型脱毛症になると言われていまんねんわ。
又、ミノキシジルは毛細血管を拡張する作用があり、血流が良くなって栄養が運ばれ易くなる為、毛母細胞が活性化し、発毛を促進しまんねん。
種類に問わず、あきらめへんで使用することが必要やので最低でも半年は使用を続けまひょ。
「リアップ」は生活改善薬として薬局やらなんやらでも購入する事が出来まんねん。

■飲む発毛剤
飲む育毛剤は日本では歴史が浅く、近年の2005年に発売されたんや。
現在でも話題となっとる「万有製薬プロペシア」やけどアンタ、一般名は「フィナステリド」と言いまんねんわ。
発毛剤を飲む内服薬から受ける印象は、体にとって害は無いのやろうか?と思うんやが、効能としては男性ホルモンの生成を阻害し、髪の毛が抜けることを減ちびっとまんねん。
これも飲んだらすぐに成果が現れるのではなく、個人差はある様やけどアンタ、半年以上の継続使用が必要や。
プロペシアもやはり万能薬ではなく、男性型脱毛症の治療薬や。

  

スポンサードリンク

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/288

TOP >  発毛  >  発毛・発毛剤のタイプ