TOP >  翻訳ソフト  >  自動翻訳サービスのソフトについて

自動翻訳サービスのソフトについて

自動翻訳サービスについて、Yahoo!やInfoseek等大手のポータルサイトでは、それぞれ無料の自動翻訳サービスを提供していますが、翻訳をしたい英語や韓国語等のテキスト文章や外語サイトのURLを入力するだけで簡単に翻訳してくれますので便利です。
また逆に日本語を外語に翻訳する事も可能で、これらの利用は無料です。
それぞれに対応する言語数やサービス内容に違いはありますが、精度的には各社で違いがありますね。
各社の翻訳サービスの開発は、翻訳ソフトを基にしています。
東芝と提携しているソフトメーカーのアミカイを利用するのはInfoseekやLivedoor、@niftyです。
クロスランゲージのソフトを利用するのはYahoo!で、エキサイトが利用するのはアクセラテクノロジのソフトのようです。
高精度でないにしても複雑な構成の文章でなければ、これらの無料翻訳サービスで大まかな意味をつかむ事はできます。
素となる文章が同じでも翻訳ソフトが違えば翻訳結果には多少のニュアンスの違いがでます。
もしどこかの無料翻訳を使ってみて結果が思うようなものでない場合は、別の翻訳ソフトを使うポータルサイトで試してみると良いでしょう。


スポンサードリンク

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/127

TOP >  翻訳ソフト  >  自動翻訳サービスのソフトについて