TOP >  結婚式の招待状発送後  >  結婚式の席次表

結婚式の席次表

結婚式に招待する人の席次も悩みの種のひとつですね!

ではまず、基本的な席順の決め方を説明します。

・メインのテーブル(新郎新婦席)に向かって左側・・・新郎の来賓

・メインのテーブル(新郎新婦席)に向かって右側・・・新婦の来賓

・メインのテーブルに最も近い席・・・恩師や勤め先の上司(主賓格にあたる方)

・勤め先の上司→勤め先の人や知人→勤め先の同僚や学生時代の友人→親族(最も下座は 両親)
となります。


結婚式に招待する人の席次表の肩書きについては、

・勤め先関係やお仕事関係の肩書き・・・有限会社と株式会社の区別もしっかりして、社長などの役職だけではなくではなく、「代表取締役」や「〜事業部 〜部長」と書きましょう

席次表の家族敬称については、

・両親および兄弟姉妹や同居している祖父母には敬称である「様」はつけません。


伯父・伯母と叔父・叔母の区別の仕方について

・両親の兄弟姉妹が両親より年上(兄または姉)の場合にはその夫婦が伯父と伯母。

・両親の兄弟姉妹が両親より年下(弟または妹)の場合にはその夫婦が叔父と叔母。

従兄弟(従姉妹)の区別とその配偶者の肩書きについてですが、

・本人より年上ならば従兄または従姉。しかし、その配偶者は年齢に関係なく従姉または 従兄と書きます。

・本人より年下ならば従弟または従妹。しかし、その配偶者は年齢に関係なく従妹または 従弟と書きます。

結婚式に招待された人は、意外と席次を気にする人もいますから、席次についても、家族や、ウエディングプランナーさんと相談してみましょう。

その地域独特の席次の場合もありますので、気をつけましょうね。


               


Google

この記事に関連する記事一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/444

TOP >  結婚式の招待状発送後  >  結婚式の席次表

▼ キーワードで情報を探す


▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼結婚式の招待状を作りましょう!のオススメ本