TOP >  結婚式招待状の発送  >  結婚式招待状の切手

結婚式招待状の切手

結婚式の招待状を出すときの切手について説明します。

結婚式の招待状を出すときの切手は、慶事用の寿切手というものを使うのが基本です。
返信用のはがきについても同様です。

しかし、最近では、2人の友人たちには、記念切手を貼るという人もいるようです。

また、手軽に写真を切手にできるようにもなりました。最寄りの郵便局に問い合わせてみてください。

たかが切手となのですが、おめでたいことなので、とことんおめでたいものでそろえたいものです。

慶事用の寿切手にも、実はさまざま種類があります。

私たちの時は、昔ながらの、白い封筒に金のふちだったので、鶴の絵の慶事用の寿切手をはりました。

また、返信用はがきには、ピンクのかわいらしい慶事用の寿切手をはりました。
このひと手間をかけることが、招待状を送る側にも、受け取る側にも気分的にもいいものにつながると思います。

結婚式は人生最大の幸せなイベントなので、手間をおしまず、後悔しない式にしたいものです。
自分たちはもちろんですが、招待した人たちにも、楽しい時間をすごしてもらいたいものです。

結婚式の招待状をもらって嬉しくない人は、まずいないと思います。
おめでたいお知らせなのですから、最高のものをおくりましょう。

きっと、気持ちも伝わりますよ!

招待状にこだわったのだから、やはり切手もこだわってみましょうね。
オリジナル・ウエディングの一部だと思えば、切手選びも楽しくなりますよ。


               


Google

この記事に関連する記事一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/446

TOP >  結婚式招待状の発送  >  結婚式招待状の切手

▼ キーワードで情報を探す


▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼結婚式の招待状を作りましょう!のオススメ本