TOP >  結婚式招待状の発送  >  結婚式招待状の返信

結婚式招待状の返信

結婚式の招待状をもらったら、必ず返信はがきで返事を出すのがマナーですね。

では、結婚式の招待状の返信はがきの書き方を説明します。

招待状にある「お名前」「ご住所」などの「御」や「お」は斜線または二重線で消します。
「御」や「お」は招待状を受け取る側に対する敬語なので消しましょう。
定規を使うとキレイな線を引くことができます。

文字を消す際に、塗りつぶしたりするのは、社会人として恥ずかしい行為です。
また、修正液を使うのも論外です。

結婚式に出席できる場合には、できるだけ早めに返信はがきをだしましょう。
逆に、結婚式に出席できない場合には、あまり早く返信はがきをださないほうがよいと言われています。

結婚式の招待状の返信はがきの書き方には、おしゃれな書き方もあります。
招待状を受け取る側に対する敬語である「御」や「お」の文字を二重線や斜線で消すのではなく、「寿」という文字で消す方法です。
「御住所」「御芳名」の「御」「御芳」などは、受取った人への敬語です。

これは年配のもよく使う方法ですが、黒のインクではなく、赤のインクで書いたほうが、お祝いという雰囲気も出てきますね。

キレイに見えてもピンクはダメだそうです。

基本は黒です。
また、グレー(灰色)は、お祝い事には、ふさわしくない色なので、使わないようにしましょう。


また、返信はがきの余白には、招待してくれたことに対するお礼のメッセージや、祝福のメッセージを書き添えましょうね。

また、逆に欠席の場合には、欠席の理由を書き添えましょう。
欠席の理由によっては、正直に書かないで、あいまいな書き方をした方がよい場合もありますので注意しましょう。


               


Google

この記事に関連する記事一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/448

TOP >  結婚式招待状の発送  >  結婚式招待状の返信

▼ キーワードで情報を探す


▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼結婚式の招待状を作りましょう!のオススメ本