TOP >  結婚式招待状の準備  >  結婚式招待状の返信例

結婚式招待状の返信例

結婚式の招待状の返信用はがきに書く内容について説明しますね。

返信用のはがきは、受け取る側が、結婚式に出席できるかできないかを知るためのものですから、「出席」「欠席」「住所」「氏名」さえわかればよいのです。

返信先は、新郎側の招待客は新郎宛て、新婦側の招待客は新婦宛てするケースもあります。

また、スピーチや余興をお願いする人には、カードなどを添えて、お願いする旨を伝えたほうが良いですね。でも、お願いするときには、招待状を出す前に、直接お願いした方がよいです。

この際ですから、一般的な手紙の形式についても見てみましょう。
招待状を送る際にも、このような形式に則って差し出す必要があります。

前文は、
・まず、頭語が必要です。
 ・・・「つつしんで申し上げます」という意味の言葉で「拝啓」「謹啓」などがよく使 われます。
・次に、時候のあいさつも必要ですね。
 ・・・季節のあいさつです。暦によっていろいろありますので注意してください。

・その他、安否のあいさつというのもあります。
 ・・・相手の具合を尋ねる内容を書きます。自分のことは書く必要はありません。

次に主文ですね。
・「さて」「このたび」などの用件にはいるためのことばを使って本題に入ります。
 ここでは、結婚することや、相手を招待することなどを伝えます。
 日時や場所などの詳細は手紙の終わりにまとめて書いた方がわかりやすいので、ここで は書かないようにしましょう。

末文として、
・結びのあいさつや「敬具」などの結語になる言葉を書きます。

後付けと言うものも必要です。
・招待状を出す日付と差出人の氏名を書きます。
 差出日を書くときには、○月○日と書くのではなく、○月吉日と書きましょう。


               


Google

この記事に関連する記事一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/450

TOP >  結婚式招待状の準備  >  結婚式招待状の返信例

▼ キーワードで情報を探す


▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼結婚式の招待状を作りましょう!のオススメ本