TOP >  結婚式招待状の発送  >  結婚式招待状の返信〜親族編

結婚式招待状の返信〜親族編

結婚式に招待されたら、親族でも招待状が届くと思います。
その招待状に対しては、親族でも返信するのが常識であり、マナーです。
その親族への招待状の返信方法を説明します。

結婚式の招待状が届いたら、必ず確認することがあります。
それは、結婚式の内容ですね。
結婚式・披露宴の両方の招待状なのか、それとも披露宴だけの招待状なのかです。

招待状の返信期日ぎりぎりではなく、余裕をもって返信してください。
できれば、次の日に返信はがきをだしてもいいくらいです。
また、スケジュール調整の都合などで返信期日に間に合わない場合には、返信が遅れるということと、いつまで返信できるかを電話などで伝えてください。

はがきを返信する際には、以前にもお話しましたが、受け取った側に対する敬語は全て、斜線または二重線で消してくださいね。
たとえば、「御出席」は「御」を消して「出席」にしてください。
そして、あて先の「行」は消して、「様」に書き直しましょう。

そして、余白には、出席の場合には、祝福のメッセージを書き添えてください。
逆に、欠席の場合には、簡単な欠席の理由を書き添えましょう。

でも、結婚式はお祝い事なので、欠席の理由が法事や病気や怪我の場合には、はっきりと理由を明らかにしないほうがいいです。

また、これも大切なことですが、遠方から出席する際の交通費や宿泊費を負担してもらう旨が書かれていた場合には、お礼の言葉を忘れないでください。
そして、余興を頼まれていた場合には、喜んで引き受けます!というような内容の文面を書くことが好ましいですね。


               


Google

この記事に関連する記事一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/457

TOP >  結婚式招待状の発送  >  結婚式招待状の返信〜親族編

▼ キーワードで情報を探す


▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼結婚式の招待状を作りましょう!のオススメ本