結婚式の招待状を作りましょう!TOP >  結婚式招待状の発送

結婚式招待状の発送

このサイトのメニューです。じっくりご覧になって下さいね。

結婚式招待状の発送項目一覧

▼ 結婚式招待状の返信〜親族編

結婚式に招待されたら、親族でも招待状が届くと思います。 その招待状に対しては、親族でも返信するのが常識であり、マナーです。 その親族への招待状の返信方法を説明します。 結婚式の招待状が届いたら、必ず確認することがあります。 それは、結婚式の内容ですね。 結婚式・披露宴の両方の招待状なのか、それとも披

▼ 結婚式招待状へのお返事は必ず

結婚式の招待状が届いたら、その出・欠席の返答はなるべく早くしなくてはなりません。 結婚式、披露宴の招待状には、通常は返信用はがきが同封されていると思います。 出席するにしても、欠席するにしても、この返信はがきは必ず出すのがマナーです。 主催者側である新郎新婦は、返信はがきで出席と欠席の確認をした後で

▼ 結婚式招待状の返信

結婚式の招待状をもらったら、必ず返信はがきで返事を出すのがマナーですね。 では、結婚式の招待状の返信はがきの書き方を説明します。 招待状にある「お名前」「ご住所」などの「御」や「お」は斜線または二重線で消します。 「御」や「お」は招待状を受け取る側に対する敬語なので消しましょう。 定規を使うとキレイ

▼ 結婚式招待状を出す両家の割合

結婚式の招待状は、内容でも悩見ますよね! 一般的には、結婚式場にあるカタログやサンプルを参考にすると良いと思います。 招待状を発送するときに重要なことは、 まず、何人招待するのかをある程度決めた上で、 「必ず招待しなければならない人」と「招待できる人数に余裕がある場合に招待する人」の2種類に分けます

▼ 結婚式招待状の切手

結婚式の招待状を出すときの切手について説明します。 結婚式の招待状を出すときの切手は、慶事用の寿切手というものを使うのが基本です。 返信用のはがきについても同様です。 しかし、最近では、2人の友人たちには、記念切手を貼るという人もいるようです。 また、手軽に写真を切手にできるようにもなりました。最寄

▼ 結婚式招待状の差出

祝辞の依頼と招待状の手配の仕方にいて、いくつか注意点をまとめてみました。 招待状は遅くても一か月前には先方に着くようにしましょう。 また、招待状の内容はについては、  ・だれとだれの結婚するのか  ・媒酌人の名(キリスト教式の場合であれば、司式者と立ち会う証人の名)  ・結婚式の内容  ・日時場所

▼ 結婚式招待状の宛名書き

結婚式の招待状を書くときって、悩みの種がたくさんありますよね。 結婚式の招待状の宛名書きもそのひとつだと思います。 宛名書きについて、少し例をあげて説明します。 家族を招待する場合には、封筒の宛名書きは夫婦の連名かご主人の名前のみがよいでしょう。 招待状の中身は、誰を呼ぶのかをきちんと書いてあげまし

結婚式の招待状を作りましょう!TOP >  結婚式招待状の発送


スポンサードリンク

▼ キーワードで情報を探す


▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼お問い合わせ

  • お問い合わせ、相互リンク
    はinfo@@adxba.comまで。
    メールの際には@は1コに
    変えて下さいね!
    よろしくお願いします。