TOP >  花粉症対策全般  >  花粉症対策と東洋医学

花粉症対策と東洋医学

花粉症対策の究極は体質を改善する方法です。
ここでは、その手段として東洋医学における漢方薬について考えてみましょう。

東洋医学的にみると、花粉症は体から鼻水、涙などの「水」が噴出している状態です。
これは、「水毒」であると考えられています。

花粉症の治療や体質改善を目的として処方される漢方薬として、次のようなものがあります。

@小青竜湯(しょうせいりゅうとう)
花粉症には「冷え」が大敵ですが、これは身体を温めて寒気を取り除き、風邪を発散する作用があります。
冬の冷えが残っている花粉症患者の身体を、この小青竜湯で温めることによって症状を緩和させることができます。
また、鼻水や涙目、咳にも効果があります。
花粉症では最初に処方されることの多い漢方薬ですが、風邪や気管支炎、喘息などにも幅広く処方されています。


A麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)
これは、小青竜湯で体が十分温まらない時に、小青竜湯と合わせて用いられます。
体力の無い人や中高年の方などにも多く用いられています。

B衛益顆粒(えいえきかりゅう)
これは、胃腸の働きを高めて、免疫機能を整える作用があります。
風邪の予防や治療に多く使われています。

C八仙丸(はっせんがん)
これは、口やのどの渇きを抑えて肌の乾燥やかゆみを軽減する作用があります。

他にも数多くありますが、服用の際には専門家の処方やアドバイスを守ることが大切ですね。

また、漢方薬は副作用がないと思われがちですが、「薬」である以上副作用はあり得ると考えましょう。でも、自然の成分から作られているので、化学薬品と比べて非常に少ないということですね。


                


Google

この記事に関連する記事一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/470

TOP >  花粉症対策全般  >  花粉症対策と東洋医学

▼ キーワードで情報を探す


▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼花粉症対策と花粉症予防のオススメ本