TOP >  花粉症〜薬を使わない対策  >  スギ花粉症緩和米とは?

スギ花粉症緩和米とは?

花粉症はもはや国民病とも言えますね。現在の日本では1700万人以上が花粉症に苦しみ、その対策は国や自治体レベルで取り組むべき問題となってきています。

特にスギ花粉症に関しては、農林水産省所轄の研究所で「スギ花粉症緩和米」の開発にむけての研究を行っています。

スギ花粉症緩和米とは、食べるだけで花粉症の症状がよくなるという画期的で便利なお米のことです。
米の中の遺伝子を組み替え、中にスギ花粉の抗体を入れ込んだ米をつくるというものです。

その米を毎日食べ続けると、人体の免疫作用により徐々に体がスギ花粉に慣れて症状が軽減するという効果があるそうです。
「経口減感作治療法」と呼ばれるもののひとつですね。


一日に一合ほど食べ続けると数ヵ月後には症状が改善されるというもので、既に動物実験では効果が確認されているそうですよ。

ご飯として食べるということは、花粉症の注射や飲み薬に比べて手軽ですし、病院に通う必要も無いため花粉症の人にとって負担の少ない治療法だと考えられています。

また、一方で遺伝子組み替え作物に反対する声や、新しいアレルギーの発生を心配する声もあるため実用化されるまでにはまだ課題が残っています。

当初食品として開発されていた、「スギ花粉症緩和米」は、厚生労働省により「医薬品として取り扱う」という判断を受けて医薬品としての開発方針に変更しました。

これによりスギ花粉症緩和米の実用化は当初の予定より遅れているとのことです。

スギ花粉症緩和米は、安全面での研究が進められており、すべての面で安全面が確認されて実用化されると花粉症への有効な対策になる、との期待が持たれています。


                


Google

この記事に関連する記事一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/474

TOP >  花粉症〜薬を使わない対策  >  スギ花粉症緩和米とは?

▼ キーワードで情報を探す


▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼花粉症対策と花粉症予防のオススメ本