TOP >  花粉症対策全般  >  花粉症が子供世代にまでも

花粉症が子供世代にまでも

花粉症の発見から40年余りが経過しましたが、今の日本ではもはや「国民病」といわれるまで患者数が増えました。

花粉症が注目を集めた頃は「子供は花粉症にはならない」という見解が一般的でしたが、現在では子供の花粉症は珍しくないですよね。

子供の花粉症患者は学童期以降になると増える傾向にあり、また、3歳児くらいでも当たり前で、1、2歳の幼児でも目をかゆがったり、鼻水が出て鼻をむずがる症状がみられています。
花粉症の低年齢化に拍車がかかっていると言えますね。

また、乳児の場合でも、少数ですが花粉症があり、症状を訴えることができないため見過ごすことも多いようです。
これは、出生後の早い時期に多くの花粉を浴びると花粉症になりやすいといわれています。

花粉症の有無や年齢に関わらず、花粉が多く飛んでいる季節にはできるだけ外出を避けたほうが無難といえますね。


花粉症を発症する子供の多くは、以前にはダニによるアレルギー性鼻炎を発症しています。
そのため花粉症対策を考える時にはダニ対策も同時に必要ですね。

あとは、気管支喘息やアトピー性皮膚炎など他のアレルギー疾患とも深く関わっていて、
花粉症が原因でアトピー性皮膚炎が悪化したり、喘息症状を引き起こすことも少なくないようです。

花粉症の子供の症状緩和のためには、花粉を避けることが重要です。

窓を閉め切ったり、こまめに掃除をすることで花粉を室内から排除することです。

また、花粉は室内では落下して床にたまっているため床の拭き掃除が効果的といわれていますね。このように子供のアレルギー疾患には部屋の空気を清潔に保つことが最も大切です。


                


Google

この記事に関連する記事一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/475

TOP >  花粉症対策全般  >  花粉症が子供世代にまでも

▼ キーワードで情報を探す


▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼花粉症対策と花粉症予防のオススメ本