TOP >  花粉症対策全般  >  花粉症と妊婦の関係

花粉症と妊婦の関係

花粉症でなかった人が突然発症したり、症状がひどくなったり、また反対に花粉症が治ったりすることが妊娠中にはあるそうです。
妊娠中はホルモンバランスの変化が大きく、それによって体質が変わるようですね。

花粉症の方が、妊娠するまでは薬を飲んだり注射を打つことで対処してきた場合も、妊娠中は胎児への影響を考えて、薬に頼ることはできませよね。
花粉症の薬の中には、妊婦が飲んではいけない成分が含まれていることも実際にあります。

花粉症のつらい症状を、また、妊娠中という心身ともにデリケートな時期に、薬も飲まずに我慢することは返ってストレスになり、胎児にもよくありませんね。

妊娠中は自分の判断で薬を飲むことはせず、かかりつけの産科と耳鼻科の両方の医師と相談の上、薬の種類や飲む量をきめることが大切ですね。


妊娠中の花粉症対策は、睡眠時間を十分にとり、規則正しい生活と栄養のバランスのとれた食生活をすること。
そして外出から帰った後は、手洗いや鼻洗い、うがいなどを忘れないで行うことなどが重要です。
ヨーグルトや甜茶などの花粉症に効果的な天然食品を多くとることも一つの方法ですよね。

また、外出は花粉が多く飛んでいる時間帯や気温の高かったり、風が強い日などは避けて、できるだけ雨の日とか朝や夕方に済ませておきましょう。

昼間や晴れた日の外出には、マスクや眼鏡、帽子などを着用して花粉が肌に付着しないように十分注意しましょう。

そして、安定期には運動をかねて毎日こまめに部屋の中の掃除をするように心がけましょう。
部屋を清潔に保ち快適に過ごすことは、花粉症の症状緩和のためにももちろん、胎児にもよい影響を与えますので、とても良いことですね。


                


Google

この記事に関連する記事一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/476

TOP >  花粉症対策全般  >  花粉症と妊婦の関係

▼ キーワードで情報を探す


▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼花粉症対策と花粉症予防のオススメ本