TOP >  花粉症対策全般  >  花粉症のマスクはどれを選ぶ?

花粉症のマスクはどれを選ぶ?

花粉症の季節になると、マスクをかけて外出している人を多く見かけますね。
マスクは花粉症対策グッズとして必須アイテムの一つですね。

花粉対策上、マスクの役割はというのは、花粉やほこりなどの異物が鼻や口から入り込むのを防ぐことです。花粉を防ぐと同時に、インフルエンザや風邪などの予防にもなりますね。
また、マスクを装着している本人がくしゃみや咳をした時に、周囲を不快な気持ちにさせないという役割もありますので、意外と重宝します。

最近では、薬局などのマスク売り場では多くの種類のマスクが並んでいますから、何が良いか選択に戸惑うことも多いですね。
マスクを選ぶ時に重視するべきことは、当たり前ですが、まずは「花粉が入り込まない構造になっているか」ということです。


「○%カット」などと表示してある商品も多くありますが、実際には正面から来る花粉はカット率の通りに防御できても、鼻の上や頬の隙間からの花粉は防御しきれないことが実験などで分かっています。

なので自分の顔の大きさにぴったりと合い、更に装着したときに隙間ができないマスクであることが何よりも大切ですね。

それと、マスク本体や中のガーゼがこまめに取り替えられるものが衛生的で好ましいです。

一度マスクについた花粉は、洗濯しても残ります。なので、使い捨てや鼻口の接触部分が新しいものと取り替えられるものが良いでしょう。

素材はガーゼより不織布の方が目が細かく花粉のカット率が高くなるようです。

最近の傾向としては立体構造のものや、衛生的な使い捨てタイプが主流となっています。
また、多層フィルター構造、繰り返し使える耐久性のあるもの、直接鼻の中に入れるマスクなどや保湿ができる濡れマスクといったものまで開発されているようです。
このように、マスクは多様化しているといえますね。


                


Google

この記事に関連する記事一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/480

TOP >  花粉症対策全般  >  花粉症のマスクはどれを選ぶ?

▼ キーワードで情報を探す


▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼花粉症対策と花粉症予防のオススメ本