TOP >  花粉症対策全般  >  花粉対策ゴーグルなんていうモノが

花粉対策ゴーグルなんていうモノが

花粉症による目の不快な症状を改善するには、花粉を目の粘膜に付着させない対策が必要です。
これには眼鏡の着用が有効です。

花粉飛散時期の外出には、必ず眼鏡を着用して、帰宅したら洗眼や目薬を差すことで目のかゆみや炎症を予防することができます。

近年では花粉対策ゴーグルが開発され、その注目を集めています。
花粉症対策ゴーグルとは、レンズのサイドにカバーがついたもので、目と眼鏡の隙間から花粉が入るのを完全に防ぐことができるようになっています。
最近のモデルでは、眼鏡の上からかけられるタイプやサイドに取り付けるカバータイプなど、様々な種類が販売されています。


コンタクトを装着しているという人は、花粉症の季節だけ使い捨てのタイプを用いるなど、常に清潔な状態を保つようにしましょう。
どうしても症状が改善されない場合には花粉の飛散時期だけでも眼鏡と併用することが望ましいです。

普通の眼鏡を着用することでも目に入る花粉の量を約3分の1に減らすことができるそうです。更に花粉対策用の眼鏡では約4分の1にまで減らすことができると言われています。

眼鏡をしていてもちょっとした隙に花粉が目に入り込むことがありますが、そのときは洗眼して花粉をしっかり洗い流しましょう。花粉専用の洗眼液なども市販されており、目のかゆみや炎症を抑える効果があります。

また、洗眼液や付属の洗眼カップなどは不潔になりやく、眼病原因になることも少なくありませんから十分注意して取り扱うことが大切です。
洗眼液がない場合は、水道のきれいな水で洗い流すことでも代用できます。
ですから、洗眼とメガネの着用は花粉症対策として習慣的に行いたいものですね。


                


Google

この記事に関連する記事一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/481

TOP >  花粉症対策全般  >  花粉対策ゴーグルなんていうモノが

▼ キーワードで情報を探す


▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼花粉症対策と花粉症予防のオススメ本