TOP >  花粉症対策全般  >  花粉症に効果的な乳酸菌

花粉症に効果的な乳酸菌

花粉症対策の一つとして「乳酸菌」があります。最近TVなどで話題にもなっていますね。

乳酸菌は人間の体内にとって有益な微生物で、さまざまな種類があります。
乳酸菌はそれぞれ特性があり、それぞれの特性を活かしてヨーグルトやチーズなどの乳製品、また味噌やキムチなどの発酵食品などに利用されています。

一般に乳酸菌といえば、これまでは腸内環境を整えて便通をよくする働きが知られていますね。

花粉症については、その症状を軽減する機能や、新しい種類が最近になって発見され、注目を集めています。

花粉症に効果がある乳酸菌として、例えば、キリンビールは2002年に高いアレルギー改善作用が期待される「KW乳酸菌」を発見していますし、カルピス社は2006年に人工曝露実験によって「L−92乳酸菌」というのが、鼻のかゆみや目のかゆみといった花粉症の症状に効果があることを実証しました。

このような乳酸菌を利用し、これからもさまざまな花粉症対策の商品が開発されることが期待されていますね。

花粉症に有効とされる乳酸菌は、細菌やウィルスを攻撃するリンパ球Th1とアレルギーの原因となるリンパ球Th2、の2つのバランスを保ち、アレルギー症状が起こりにくい環境をつくるという働きがあります。
乳酸菌全てにこのような機能があるわけではないですから注意が必要です。
例えば、ヨーグルトを食べて予防をしたいという場合にはヨーグルトに含まれる乳酸菌の種類を確認する必要があります。

花粉症への乳酸菌の効果は、即効性があるものではないため花粉の飛散時期の1ヶ月前くらいから継続して摂るといいでしょう。
また、ヨーグルトなどで下痢を起こす人や、乳製品のアレルギーの人はサプリメントタイプも発売されていますから、これらをうまく利用して摂取しましょう。


                


Google

この記事に関連する記事一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/485

TOP >  花粉症対策全般  >  花粉症に効果的な乳酸菌

▼ キーワードで情報を探す


▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼花粉症対策と花粉症予防のオススメ本