TOP >  花粉症対策全般  >  花粉症対策には食生活の改善を!

花粉症対策には食生活の改善を!

花粉症の原因の一つに食生活の変化を上げる研究者も多いようです。

戦後の日本は、それまでの魚と野菜中心の食生活から代わり、肉や魚を中心とした、西洋風の高たんぱく、高脂質の食生活に急激に変わって行きました。
欧米型の食生活に変わったことで、栄養の取りすぎや食品添加物の増加、野菜不足など、アレルギー症状を引き起こす様々な問題を抱えてしまったのです。

脂質、油の問題もその一つです。
日本人は戦前までは油をあまり摂らない人種と言われていましたが、食生活の欧米化に伴い料理で使われる機会が大幅に増えました。
油脂は私たちが生きていくのに欠かせない栄養素ですが、油の取りすぎは血液をドロドロにしたり、炎症を強めたり身体に悪影響を及ぼしたりします。

花粉症の人は、油を使用する場合にはオリーブオイルを使い、揚げ物、ドレッシング、マヨネーズ類を取り過ぎないように気をつけることが大切と言われ始めています。
こういったものを取らなくても、必要な油は通常の食事で不足することはありません。

また、砂糖やチョコレートなどを口にする機会が増えたことも問題の一つです。
砂糖は免疫力を低下させ、花粉症をはじめとする、多くの病気の原因になっていると言われています。

花粉症の人は、甘いものが食べたい時には、果物、ドライフルーツを摂るようにし、また砂糖の変わりにはハチミツ、黒砂糖を使うなどして砂糖を控えるよう心がけましょう。

日本人はかつて、ご飯と魚、野菜、味噌やしょうゆなどの発酵食品が日常の食事でした。
この伝統的な組み合わせが日本人の体質に合った、栄養のバランスに優れた食事なのです。
花粉症には、昔ながらの日本の食生活を見直すことも有効な対策ですよ。


                


Google

この記事に関連する記事一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/487

TOP >  花粉症対策全般  >  花粉症対策には食生活の改善を!

▼ キーワードで情報を探す


▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼花粉症対策と花粉症予防のオススメ本