花粉症対策と花粉症予防TOP >  花粉症対策全般

花粉症対策全般

このサイトのメニューです。じっくりご覧になって下さいね。

花粉症対策全般項目一覧

▼ 花粉症対策グッズのいろいろ

花粉の季節が近づくと、毎年デパートや薬局には花粉症対策グッズがたくさん陳列されていますね。 洗眼、点眼薬から掃除、洗濯用品、めがね、マスク、健康食品に至るまであらゆるものが花粉症対策として開発され、その種類も多様化しています。 現代花粉症は多くの人がかかっている国民病ともいえますから、花粉症で苦しむ

▼ 花粉症対策には食生活の改善を!

花粉症の原因の一つに食生活の変化を上げる研究者も多いようです。 戦後の日本は、それまでの魚と野菜中心の食生活から代わり、肉や魚を中心とした、西洋風の高たんぱく、高脂質の食生活に急激に変わって行きました。 欧米型の食生活に変わったことで、栄養の取りすぎや食品添加物の増加、野菜不足など、アレルギー症状を

▼ 花粉症対策には身近な食品から

花粉症の人に特に食べてもらいたい食品が、「温性食品」です。 温性食品とは、基本的に秋冬が旬のもので、根菜類や薬味などがそれに当たります。 具体的には、野菜では、ネギ、ピーマン、タマネギ、ニンジン、レンコン、ショウガ、ニンニク、ジャガイモなど、 肉なら、鶏肉、羊肉、魚なら、アジ、フグ、ウナギ、エビ、サ

▼ 花粉症に効果的な乳酸菌

花粉症対策の一つとして「乳酸菌」があります。最近TVなどで話題にもなっていますね。 乳酸菌は人間の体内にとって有益な微生物で、さまざまな種類があります。 乳酸菌はそれぞれ特性があり、それぞれの特性を活かしてヨーグルトやチーズなどの乳製品、また味噌やキムチなどの発酵食品などに利用されています。 一般に

▼ 花粉症対策にはお茶が効く

花粉症の季節が今年もやってきましたが、この時期になると花粉症対策に色々な話題がありますね。その中でも、お茶について実際に効果が期待されるものを取り上げてみました。 緑茶に含まれるカテキンは、がん予防としての効果が知られていますが、花粉症にも効果があることが最近分かってきました。 しかし、その効果を得

▼ 花粉対策にはアロマセラピーが良い

花粉症の対策の一つでアロマセラピーという方法もあります。 アロマセラピーとは芳香植物の精油を利用して心身の健康を保つ療法とされていますが、現在では香りや癒し効果にとどまらず、健康面でも幅広く活用されていますよね。 花粉症の患者に処方される薬は、一般に副作用の出るものが多いため副作用が生活に支障を期す

▼ 花粉症対策はハーブから

花粉症で苦しむ人の増加によって、日本でも最近はハーブの持っている力が注目されてきています。 ハーブは自然療法の一つで、意外に長い歴史があるため世界中で多くの人に信頼され行われてきました。 似たような言葉で、アロマセラピーが植物の芳香成分を抽出してできた精油を活用するのに対し、 ハーブ療法とは植物全体

▼ 花粉対策ゴーグルなんていうモノが

花粉症による目の不快な症状を改善するには、花粉を目の粘膜に付着させない対策が必要です。 これには眼鏡の着用が有効です。 花粉飛散時期の外出には、必ず眼鏡を着用して、帰宅したら洗眼や目薬を差すことで目のかゆみや炎症を予防することができます。 近年では花粉対策ゴーグルが開発され、その注目を集めています。

▼ 花粉症のマスクはどれを選ぶ?

花粉症の季節になると、マスクをかけて外出している人を多く見かけますね。 マスクは花粉症対策グッズとして必須アイテムの一つですね。 花粉対策上、マスクの役割はというのは、花粉やほこりなどの異物が鼻や口から入り込むのを防ぐことです。花粉を防ぐと同時に、インフルエンザや風邪などの予防にもなりますね。 また

▼ 花粉対策には洗濯物を室内に

花粉症の季節は、洗濯方法にも花粉対策が必要ですね。 良く晴れた日などは洗濯にはもってこいの日ですが、洗濯日和は同時に花粉日和でもあるようです。 また、午後1時から3時ころは気温も上がり、洗濯物の最も乾きやすい時間帯ですね。でも、同時に花粉が最もよく飛んでいる時間帯でもあります。 晴れた日のこの時間帯

▼ 花粉症対策には部屋の掃除が有効

花粉症対策の基本は、こまめに部屋の掃除をすることと言われていますね。 部屋をどんなに閉め切っていても、わずかな隙間からでも花粉は侵入しています。 また、外干しした布団や衣類、外出から戻った家族からも持ち込まれています。 できるだけ花粉の少ない快適な部屋で過ごすためにも、この季節は毎日の掃除を特に念入

▼ 花粉症対策は外出時にこそ!

花粉症の人は花粉の飛散時期には外出したくないものですが、現実にそうは言っていられませんよね。 でも、花粉症の時期の外出には、しっかりと花粉対策をする必要があります。 花粉症の症状であるくしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどは、目と鼻をしっかりガードすることでほとんど抑えることができますね。 なので

▼ 花粉症と妊婦の関係

花粉症でなかった人が突然発症したり、症状がひどくなったり、また反対に花粉症が治ったりすることが妊娠中にはあるそうです。 妊娠中はホルモンバランスの変化が大きく、それによって体質が変わるようですね。 花粉症の方が、妊娠するまでは薬を飲んだり注射を打つことで対処してきた場合も、妊娠中は胎児への影響を考え

▼ 花粉症が子供世代にまでも

花粉症の発見から40年余りが経過しましたが、今の日本ではもはや「国民病」といわれるまで患者数が増えました。 花粉症が注目を集めた頃は「子供は花粉症にはならない」という見解が一般的でしたが、現在では子供の花粉症は珍しくないですよね。 子供の花粉症患者は学童期以降になると増える傾向にあり、また、3歳児く

▼ スギ花粉症対策〜東京都では

スギ花粉症の患者が1963年に日本で初めて報告されて以来、スギ花粉症の患者数は年々増え続けています。 現在では、スギ花粉症や他の花粉症の患者を合わせると数千人の数にのぼると言われています。 花粉症には様々な原因が考えられていますが、国や自治体レベルで取り組まなければいけない対策も多くありますね。 例

▼ 花粉症対策の究極・体質改善をしよう!

花粉症には、同じように花粉を吸っていても、花粉症になる人もいれば、ならない人もいますね。 これは体質の違いによるもので、体質を改善することは究極の花粉症対策です。 体質改善には日常の生活習慣を見直すことが重要ですね。 まず食生活では、肉類や乳製品を控え、魚や野菜、穀類を多くとるように心掛けましょう。

▼ 花粉症対策と東洋医学

花粉症対策の究極は体質を改善する方法です。 ここでは、その手段として東洋医学における漢方薬について考えてみましょう。 東洋医学的にみると、花粉症は体から鼻水、涙などの「水」が噴出している状態です。 これは、「水毒」であると考えられています。 花粉症の治療や体質改善を目的として処方される漢方薬として、

▼ 花粉症対策には鼻呼吸が効果的

花粉症対策には「鼻呼吸」が有効です。最近この「鼻呼吸」が注目を集めています。 花粉症対策に鼻呼吸を提唱している、ある医学博士は、口呼吸がさまざまな病気の原因であるとの考えから花粉症、アトピー性皮膚炎、喘息などさまざまな病気に対して鼻呼吸を行う治療を行い、実際に効果を上げているということです。 文字通

花粉症対策と花粉症予防TOP >  花粉症対策全般


スポンサードリンク

▼ キーワードで情報を探す


▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼お問い合わせ

  • お問い合わせ、相互リンク
    はinfo@@adxba.comまで。
    メールの際には@は1コに
    変えて下さいね!
    よろしくお願いします。

▼花粉症対策と花粉症予防のオススメ本