TOP >  海外出張の準備  >  海外出張の際のパッキング

海外出張の際のパッキング

海外出張の際のパッキングはあらかじめリストを準備しておいたほうがよいでしょう。
パッキングとは荷造りのことを言います。

リストの内容が定まったら、スーツケースに仮に荷物類をつめてみて、おさまるかどうかを確認すると良いでしょう。

海外出張の際に、現地まで行く途中で必要なものが取り出しやすいか、また、公衆の面前にてスーツケースをあけてもかまわないと思えるか、衣類にはしわがよらないかなど、スーツケースの詰め方にも工夫を凝らしましょうね。

荷物がおさまらない場合は、大きなスーツケースに替えるか荷物を必要なものだけに削って行くとよいでしょう。

海外出張のときのパッキングに際しては、空港等で積み下ろしするため手荒に扱われがちです。なので、これに対応した詰め方をして行くとよいでしょう。

荷物等を航空便で送る場合は実際の重さにより料金が決まりますし、船便で送る際は容積により決まります。

荷物が複数になると通関の手続きを経ることになりますので、どの荷物に何が入っているかというメモ書きのようなものも用意するといいでしょう。


               


Google

この記事に関連する記事一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/368

TOP >  海外出張の準備  >  海外出張の際のパッキング

▼ キーワードで情報を探す


▼ このサイトのデータ

▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼海外出張情報チャネルのオススメ本