TOP >  海外出張全般  >  海外出張と過労死

海外出張と過労死

海外出張先でも徹夜や残業、休日出勤など日々仕事に追われているサラリーマンは多いようですね。

猛烈にやる気をださねばならない内容を、急いでこなしたあとにやってくる達成感とそのあとの燃え尽きの感覚ですが、激務のあとはおおよその人がこのような感覚を感じることが多いようですしね。

ここでちょっと過労死の問題について考えてみましょう。

ある大手会社の社員の急死に対して、度重なる海外出張や激務が原因として会社員の妻が会社に対して過労死の訴訟を起こした例もあります。
この場合ではこの人に対して労災の認定が降りずに、問題になっているのですが、死亡する前の一年間においてには計5カ国にわたりおおよそ200日にもわたる海外出張があったというのですから驚きですね。
またある会社では、過労死の訴訟で和解が成立しており、海外出張中の休日出勤の時には振り替え休日の取得を促し、帰国後には休暇をとるように促すなどという対策が採られているようです。

労働基準法では出張における移動時間は労働時間とはみなされないため、新たに規則を作る必要があると問題になってます。


               


Google

この記事に関連する記事一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/373

TOP >  海外出張全般  >  海外出張と過労死

▼ キーワードで情報を探す


▼ このサイトのデータ

▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼海外出張情報チャネルのオススメ本