TOP >  介護 介護 施設のこと  >  介護のための札幌の高齢者住宅

介護のための札幌の高齢者住宅

介護について、札幌サンプラザで開催された「北海道住宅建設促進会総会および春の研修会」では、明治大学の園田眞理子先生、北海道大学の瀬戸口先生を講師に招き、「新たな住宅政策」という話題で講演がありました。
園田先生は、多くの論文を住宅政策と福祉政策という視点から書いていまして、今回の研修会では今後の公営住宅の役割などについて見解などの内容について講演しました。
少子高齢社会や人口減少社会はもとより、今回新たに制定された改正法など、住宅の改正として高齢者住宅の形のサービスや設備、施設などを規制するのではなく、今までの悪い体質のものを退場するよう規制していった方が必要なのではということ、また、今後は高齢者に対する福祉政策への展開が必要なのではという内容でした。
介護のための公営住宅では今までの補助金で制定されてきた根強くあるルールがあり、この先高齢者住宅とも地域による自由な発想で取り組む事を可能として、公営住宅での概念を広げていき、これからの高齢者住宅の需要に対して必要な住宅の供給を公営住宅に関してもできるようにな仕組みを作る事を課題として取り上げていかなければならないという考えも講演の中で言われていたことです。
介護、研修会終了後は今回の講師の方や、釧路市長など合流され、意見交換会などが行われました。こういった意見交換会などは地域にとっても、これからの社会にとってもすごく貴重な場となるので、今後もさまざまな方々の意見が得られるように皆様が参加される事が望ましいと言えます。


スポンサードリンク

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/42

TOP >  介護 介護 施設のこと  >  介護のための札幌の高齢者住宅