TOP >  介護 介護 施設のこと  >  介護、高齢者の賃貸住宅

介護、高齢者の賃貸住宅

介護の、「高齢者の賃貸住宅」が建設されるため入居者を募集しているという広告が最近ありました。見てみると、この住居は『適合高齢者専用賃貸住宅』『高齢者向け優良賃貸住宅』『有料老人ホーム』等には該当しないみたいで、現在高齢者への介護サービスや福祉サービスが提供される時代である法規制がなされている中で、福祉部分にあまり精通していない方が企画された物件なのかな?という印象でした。
介護保険適用の施設ではなく、トイレも個室についているものではなく共用でした。共用の場合、介護者が増えてくると大変になってきますよね。なのに、重度要介護者も受け入れ可能などと説明されていました。専門知識の無い人が専門の住居じゃないところで介護をすることには限界があるし、不安も感じますね。
入居される方は、現在住んでいるところを整理されて入居される場合もあるので、この施設の責任者には重大な責任があると思います。
入居保証金、礼金、居室費、管理費、別契約の食費、訪問介護の費用、日常生活費等が必要と明記されていましたが、これじゃ「有料老人ホーム」だと思うので残念ですが無届けの施設だと思います。この場合、福祉サービスや、生活援助や食事等の提供には都道府県への届出が必要です。
介護住宅へ入居される場合は、こういった条件類をしっかり調査し検討される事をお勧めします。


スポンサードリンク

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/47

TOP >  介護 介護 施設のこと  >  介護、高齢者の賃貸住宅