TOP >  介護  >  介護用高齢者専用賃貸住宅

介護用高齢者専用賃貸住宅

介護のことを、今高齢者住宅事業業界は新たな活路を見出すよう迫られています。これは厚生労働省が施策の方向性を施設から在宅推進に転換する動きによるものです。
高齢者人口は今後増加していくと思われるため、それによる影響と背景と共に高齢者向けの住宅と言うのがどのように変化していくべきなのかと予想できる先見の妙は欠かせないものとなります。日本は、この背景に諸外国の失敗も頭に入れておかなければならないことを忘れてはいけません。介護保険法改正により、今後ほとんどの施設が介護老人保健施設に変わっていくと思われます。なぜなら療養型病床が平成24年度末で廃止されることになったからです。こうなってくると入居3ヶ月ほどで退去を迫られてしまう高齢者たちはどうして生活していったらいいのか、どこにいったらいいのかという問題が出てきます。
現在老人福祉施設は満員で何年も空きを待たなくてはならない状況だし、有料の老人ホームは高すぎて入居させてあげられないし、だからと言って在宅の介護は精神的にも体力的にも不可能だと思い高齢者を持つ家族は困窮することとなりかねないでしょう。そのような方達の受け皿として「高齢者住宅」という施設が必要に迫られてきますね。今後の日本の出生率低下にともなって、高齢者の割合が多くなります。若い人が少なくなる将来、住宅やオフィスビルなどは空室が多くなって、現在の状況並にするには今の建物を4割ほど減らさなければならないようです。この4割の住宅分を活用して新しく高齢者住宅を考えるというのも思案の一つになりますね。介護用高齢者住宅事業を考えるとき、サービスやサポート等のなににターゲットを絞るかによって考えていかなければならないでしょう。


スポンサードリンク

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/66

TOP >  介護  >  介護用高齢者専用賃貸住宅