TOP >  介護  >  介護の高齢者専用の住宅

介護の高齢者専用の住宅

介護の高齢者住宅の入居している方の人気施設は、特別養護老人ホームに希望が一番多く、人気がある施設に入居するのには入所待ち時間がかなりかかっている傾向があるようです。
現在高齢者専用の住宅施設としてある住宅タイプは、老人ホーム(有料、経費、養護、特別養護)、老人保険施設(介護老人保険施設)、グループホーム、ケアハウス(介護利用型)、高齢者マンション、シニア向け住宅(シルバーハウジング・シルバーマンション)、公社と連携した高齢者向け優良賃貸住宅などですね。この高齢者向けの住宅の施設はすごく充実していて、バリアフリー対応の普通住宅、食事や生活面の日常生活に関するサービスの提供、介護、看護、医療面でのサービスやサポート、リハビリテーションを受ける事など、幅広いですね。
やみくもに高齢者住宅を見つけたところに入居するのではなく、自分が受けたいサービス、サービスの料金等をよく検討して自分の生活スタイルにあった高齢者住宅を探すことがお勧めです。今までの高齢者用の介護付き有料老人ホームは、入居の初期費用や毎月の費用もかなり高額で高齢者にとってはかなりの負担となっています。その負担を払ったとしても老人ホームの需要はかなり多く、高齢者側ではなく、老人ホーム側が強い立場に立っており、入居後に不具合や問題点があったとしても高齢者側が泣き寝入りしているという現状も多々あります。最近ではそれぞれの有料介護付き老人ホームでのサービス内容を競う形になってきたため、テスト入居みたいに短期間入居してみてから本格的に入居するかどうか契約を考えられる感じに選択肢も多くなります。


スポンサードリンク

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/67

TOP >  介護  >  介護の高齢者専用の住宅