TOP >  会社設立  >  会社設立の手続きは専門家に任せる

会社設立の手続きは専門家に任せる

会社設立の手続きをスムーズに進めたいさかいあれば、行政書士や司法書士やらなんやらの法律の専門家に依頼するとええでっしゃろ。
会社設立の手続きは、会社の商号や目的を決めるところから、登記が終了するまでどす。
全てを終わらせるのに、専門家に依頼しても、最低かて2週間くらいはかかりまんねん。
もし、専門家の力を借りんと手続きを進めるとしたら、お金の節約にはなりまんねんが、もっと時間がかかってへんへんするでっしゃろ。
書類をしとつ作成するのに色々と悩んでしもたり、色々な場所をいかはったり来やはったりして、時間とお金の無駄になり、本来のするべき業務も後回しになってへんへんするかもしれまへん。
本来の大事な業務がおろそかにならへんように、専門家に頼める部分は頼んだ方がええでっしゃろ。

会社設立の手続きの中で一番ややこしいのは定款の作成でっしゃろ。
定款は会社にとっての憲法とも言えるモンどす。
定款は公証人役場で認証を受けると、法的な効力を持ちまんねん。
いっぺん認証を受けてへんへんすると、訂正が出来まへんさかい、極めて慎重に作成せななりまへん。
これらの悩みを解決するには、やはり専門家の力を借るのがええでっしゃろ。
現在、定款は電子定款が認めらはるようになったんや。
電子定款で認証を受ければ、稼ぎ印紙4万円を貼らんと済み、お金の節約さんどす。
電子定款を作成するには、電子証明書を取得してる専門家を選んでおくんなはれ。

会社設立が終了しても、手続きは終わったわけではあらしまへん。
設立後も法人税に関する届出、人を雇う場合には社会保険・労働保険の加入手続きやらなんやら、ぎょうさんの手続きが必要どす。
本来の業務がおろそかにならへんように、やはり専門家の力を借るとええでっしゃろ。
お金に関する専門家は、税理士や公認会計士、社会保険・労務に関する専門家は社会保険労務士どす。


               


この記事に関連する記事一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/236

TOP >  会社設立  >  会社設立の手続きは専門家に任せる

▼お気入りに追加しよう

▼会社設立支援サイトどす。のオススメ本