TOP >  会社設立  >  会社設立の際に必要な定款とは?

会社設立の際に必要な定款とは?

会社設立を行う際には、どへんしても必要な手続きがいくつかおます。
その中の一つが定款の作成です。
これまで会社設立に携わった事のへん学生の方やらなんやらには余り馴染みのへん言葉かもしれまへんね。

定款は”ていかん”と読み、 社団法人及びそれに準ずる法人の目的、活動、組織及びその構成員、業務の執行やらなんやらについて定めた基本規則の事を指しまっせ。
また、その内容を記した書面、記録に関しても定款と言いますわ。

要は、麻呂達の中でのルールとしゃべる事です。

この定款を作成するに当たり、幾つか用心せなならへんことがおます。

まず、定款に記載する項目は三つあるとしゃべる事です。

一つ目は、絶対に定款に記載しなくてへーけへん項目として定められとる『絶対的記載事項』です。
商号、目的、本店所在地、出資金でぼちん、発起人の氏名と住所、発行可能株式総数がそれに該当しまっせ。

二つ目は、必須ではおまへんモン、記載すれば法的効力が出る事項である『相対的記載事項』です。
株式の譲渡制限に関する規定、株券の発行に関する規定、取締役・監査役・会計参与の任期やらなんやらがそれに該当しまっせ。

三つ目は、定款に記載しなくてもその効力を発生させる事が可能な事項である『任意的記載事項』です。
公告の方法、定時株主総会の開催時期、事業年度やらなんやらがそれに該当しまっせ。

こうヌカシやがった記載項目の中から必要なモンを選び、定款を作成する事さんどす。
定款の作成にはWordやらなんやらのパソコンソフトを使用するケースがおーいようです。
様式に則り、しっかりと必要事項を記載したら、会社設立に必要な定款の完成となるんや。


               


この記事に関連する記事一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/251

TOP >  会社設立  >  会社設立の際に必要な定款とは?

▼お気入りに追加しよう

▼会社設立支援サイトどす。のオススメ本