TOP >  会社設立  >  会社設立に不可欠な印鑑

会社設立に不可欠な印鑑

会社設立を行う上で、印鑑はどえらい重要な役割を担う事さんどす。
としゃべるのも、社会の中で飛び交う書類の群れは、みな印鑑によって統治されてやはるからです。

社会に出て何ぞをする場合は、そのみなは書面によって記されなければなりまへん。
ほんで、その書面にはきっと印鑑がなければならへんさかいす。
印鑑のへん書類は、例え総理大臣が書いたモンであっても、社会的には意味を持ちまへん。
印鑑は、ただの紙切れに命を吹き込むさかいす。

会社設立にあたって、最低限必要な印鑑は会社代表モン印です。
いわば会社の実印でっせー。
これがなければ会社は設立できまへん。
この会社代表モン印を法務局に登録する事で、会社の重要な営業行為に使用したり、会社の印鑑証明書の発行を行う事ができるんでっせ。

最低これだけあれば会社設立は行えまっけど、一般的にはあと二つこしらえする事が望ましいでっせー。

一つ目は銀行印と呼ばはる印鑑です。
その名のとおり、銀行口座を開設する際に使用する印鑑です。

二つ目は角印と呼ばはる印鑑です。
社印とも言われ、社内・外の文章、領収書、請求書等に押印する印鑑でっせー。
よく「ガッチョン」としゃべる感じで押されとるアレです。

この二つは会社設立にきっとしも必要とゆーわけではなく、会社代表モン印で間に合わせる事もできまっけど、普通は別個こしらえしまっせ。
なんでなら、会社代表モン印はしんどい重要なモンそやさかいにです。
紛失する恐れのある日常の業務で使うのはあんまり得策とへーえへんでっしゃろ。

会社設立を行う人間が、こうヌカシやがった所でアバウトになるのへーささか危険です。
是非別個こしらえする事をお勧めしまっせ。


               


この記事に関連する記事一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/252

TOP >  会社設立  >  会社設立に不可欠な印鑑

▼お気入りに追加しよう

▼会社設立支援サイトどす。のオススメ本