TOP >  会社設立  >  会社設立の際に届出を行わなければならへん機関

会社設立の際に届出を行わなければならへん機関

会社設立を行うにあたって、設立モンは「こうしゃべる会社をこしらえるんや」としゃべる届出を様々な機関にする必要がおます。

それは、会社が社会のシステムの中の歯車の一つそやさかいにです。
会社は個人でいごく訳ではあらしまへん。
たとえ従業員が一名の会社かて、取引先があり、その取引先と関係する会社や企業がある限り、全ての会社はどこぞしらの会社と繋がっとるさかいす。
それが、社会としゃべるシステムです。

よって、会社をこしらえるからには、それがどへんゆー会社で、どのような目的で、どへんヌカシやがった展望を描いて設立するのかとしゃべる事を公にする必要がおます。

会社設立の際に届出を行うのは、そへんヌカシやがった理由があるからやさかいす。

では、具体的にどのような機関に届出をせなならへんかをご説明しまっせ。

まず、法人税、消費税とヌカシやがったぜーきんに関する届出を所轄の税務署にする必要がおます。
ほんで、おんなじく住民税や事業税やらなんやらに関しての届出も市町村役場及び税事務所に行わなければなりまへん。

次は、保険に関する届出です。
会社設立を行い、従業員を雇う事になれば、労災保険と雇用保険の適用が義務付けできる。
よって、それぞれの管轄である労働基準監督署とハローワークに届出を行わなくてはなりまへん。

加えて、全ての会社は例外なく社会保険の加入を義務づけられていますさかい、社会保険事務所への届出も必要となるんや。

これらの機関へ全て届出を行わなければ、会社設立は実行できまへん。
これは社会のシステムに組み込まはる為の大事な作業やさかいす。


               


この記事に関連する記事一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/253

TOP >  会社設立  >  会社設立の際に届出を行わなければならへん機関

▼お気入りに追加しよう

▼会社設立支援サイトどす。のオススメ本