TOP >  会社設立  >  会社設立手続きに欠かせへん必要書類

会社設立手続きに欠かせへん必要書類

会社設立を行うにあたって、まず必要なのが会社設立の手続きです。
黙っていても会社はできまへんさかい、当然もって麻呂で手続きを行う必要がおます。
とは言え『会社をこしらえる』としゃべるイメージによって、その手続きを難解なモンとしゃべる認識にしてる人がおーいさかいはおまへんでっしゃろか。
実際、その認識の所為で、会社設立に二の足を踏んでいる人がやはるかと思うでわ。

会社設立の手続きは、実はそれほど難しくはあらしまへん。
確かにある程度こしらえせなならへんモンや必要書類やらなんやらはありまっけど、いずれも容易に揃える事ができるモンばっかりです。

ここでは、会社設立の際にこしらえせなならへん必要書類についてご説明しまっせ。

まず、金融機関への資本金払い込みの際に発行さはる保管証明書若しくは残高証明書です。
現在の会社の資本金を示す為の書類でっせー。

ほんで次に、登記に関する書類です。
株式会社の設立登記に必要なのは、就任承諾書、発起人決定書、資本金計上証明書、設立時代表取締役選任決議書です。
これらを揃えた上で、更に登記申請書、定款、登録免許税納付用台紙、OCR用申請用紙、代表取締役の印鑑証明書、代表モンの印鑑届出書が必要となるんや。

要するに殆どは登記に必要な書類とゆーことでっせー。
登記としゃべる行為は国が管理するさかい、やはり多少は必要書類がようけなってしまいますわ。

ただ、会社設立を行うための書類としては、この量であれば決して多過ぎるとしゃべる事はないでっしゃろ。
みな揃えるのに何ヶ月かかる、としゃべる訳かてあらしまへんさかい。


               


この記事に関連する記事一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/256

TOP >  会社設立  >  会社設立手続きに欠かせへん必要書類

▼お気入りに追加しよう

▼会社設立支援サイトどす。のオススメ本