TOP >  会社設立  >  会社設立の手続きにかかる出資

会社設立の手続きにかかる出資

2006年における新会社法の制定によって、会社設立の為に必要やった資本金1000万円としゃべる高い高いハードルは撤去されたんや。
これによって、会社設立を行いたくても行えへなんだ御仁が、我こそはと先を急いで会社設立に乗り出したんでっせぇ。
実際、現在の日本は一種の会社設立ブームと言えるような状況です。
これに乗りまへん手はあらしまへん。
是非会社の設立としゃべる選択肢をおつむの中に入れてみてへーかがでっしゃろか。

やけどアンタ、何の予備知識もなしに会社を作ろう、としゃべるのへーささか勇み足かと思うでわ。
よって、ここでは会社設立の手続きに必要な出資をご説明させて頂きます。

まず大きなポイントは、新会社法による出費の変動です。
単に資本金が要らなくならはったとしゃべるだけでなく、手続きにおける出費も若干変わったさかいす。

えらい昔は、定款・議事録の作成の際に必要な印紙税と、公証人による定款の認証費用、金融機関へ資本金を払い込む際に発行せなならへん保管証明書費用、ほんで登記の際の登録免許税とヌカシやがった出費を必要としてやはった。
せやけど、新会社法によって保管証明書の発行がきっとしも必要としゃべる訳ではなくなったんや。
保管証明書の発行費用は約25,000円必要やさかい、これがまるまる浮く事さんどす。

よって、会社設立の手続きに必要な出資は、印紙税、定款の認証費用、登録免許税のみとしゃべる事さんどす。

会社設立のハードルが下がった事で、それぞれの分野において競争が激化する事になると思われます。
ただ、えらい昔であればそこにすら辿り着けへなんだ人が多かったさかいすから、このチャンスは大事にしたいでっせー。


               


この記事に関連する記事一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/257

TOP >  会社設立  >  会社設立の手続きにかかる出資

▼お気入りに追加しよう

▼会社設立支援サイトどす。のオススメ本