TOP >  会社設立  >  会社設立に必要な費用

会社設立に必要な費用

会社設立を行うにあたって、まず最初に不安を覚えるのは『一体なんぼ費用があれば会社設立を行えるのやろう』としゃべることだと思うでわ。
一般的なイメージとして、会社設立を行うには滅茶苦茶ぎょうさんのお金が必要やさかいは、としゃべる固定観念があるかと思うでわ。
実際、えらい昔は最低資本金制度としゃべるモンがあり、会社を設立するには資本金として最低1000万円が必要どすえ。
1000万円としゃべると、一般人にはかいなり大きなハードルです。
どえらいこしらえでけへん、としゃべる人が多かった事でっしゃろ。

せやけど、2006年に新会社法が制定された事で、その状況は一変したんでっせぇ。
低資本金制度が廃止されたさかいす。
これによって、1000万円としゃべる途方もない金でぼちんをこしらえする必要はまるっきしなくなったんや。

ただ、あたり前やけど費用ゼロで会社が作はる訳ではあらしまへん。

会社設立の為に必要な出資は以下の通りです。

1. 定款・議事録の作成の際に必要な印紙税 40,000円
2. 公証人による定款の認証費用 50,000円
3. 登記の際の登録免許税 150,000円〜

要は、費用わずか24万円で会社が作れてへんないするさかいす。

24万円としゃべる数字は、一般人にとってもまるっきし大きな負担ではあらしまへん。
学生かて、ちーとばかしアルバイトに精を出せば手に入れらはる金でぼちんです。
要は、どなたはんかて会社は作はるとしゃべる事やさかいす。

これまでは先入観で会社設立やらなんやら遠い夢だと思っとった方はおーいと思うでわ。
せやけど、今や会社設立は決して夢モン語ではあらしまへん。
どなたはんにかて実現できる、明確な目標となり得るさかいす。


               


この記事に関連する記事一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/258

TOP >  会社設立  >  会社設立に必要な費用

▼お気入りに追加しよう

▼会社設立支援サイトどす。のオススメ本