TOP >  会社設立  >  会社設立の簡単な手続き案内

会社設立の簡単な手続き案内

現在の日本は、一時の不況を脱して緩やかいな上昇カーブを描いとる状況です。
ほんで、こうヌカシやがった時期としゃべるのは、さら会社を設立する絶好の機会と言われていますわ。
事実、ここ数年の間に、IT産業をはじめとした新興会社が数ようけ飛躍を果たしていますわ。
更に、2006年5月から施行された新会社法によって、会社設立はえらい昔より遥かに簡単になったんや。
会社設立のビッグチャンスが到来してるさかいす。
ここでは、この機会を逃さんと会社を設立してみようかいな、と考えとる方の為に、会社設立の手続きについてご案内させて頂きます。

会社設立をするにあたってまず行う手続きは、会社の商号(名前)本店所在地、目的を決定する事です。
名前、場所、目的のない会社やらなんやらある筈がないさかい、これは当然でっせー。

えらい昔は、この後に類似商号の調査、要はおんなじよう名前でおんなじような仕事内容の会社が近辺にないかを調べなければなりまへんどすえ。
せやけど、新会社法によってこの調査の必要はなくなったんや。

次にやる事は、印鑑作成及び印鑑証明取得です。
会社を運営する上で、各種様々な印鑑が必要になるさかい、このこしらえとゆーことでっせー。

その次は、定款・議事録の作成です。
定款とは社団法人の目的や活動、組織及びその構成員、業務執行やらなんやらについての基本規則です。
要は、会社の運営をしていかはった上での基本的なルールをこしらえるとしゃべる事です。
後は、それを公証人によって認証して貰う必要がおます。

それが終わると、今度は金融機関への資本金の払込みを行いますわ。
会社設立の企画モンの個人口座に振り込まなくてはなりまへん。

ほんで、設立の登記を行いますわ。
登記とは一定の事項を広く公示する為に、公開された登記簿としゃべる帳簿に記載する事です。
こうしゃべる建モンがここにあるんやよー、と示す為のシステムでっせー。
この登記は取締役及び監査役選任決定書、就任承諾書、取締役会議事録、調査報告書とヌカシやがった書類を作成し、登記所に申請する事で行う事ができるんでっせ。

これが終われば、後は税務署、社会保険事務所やらなんやらに届け出を出すだけです。

これらの手続きが終われば、晴れて会社設立、となる訳でっせー。
会社は割と簡単に作はるさかいす。


               


この記事に関連する記事一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/259

TOP >  会社設立  >  会社設立の簡単な手続き案内

▼お気入りに追加しよう

▼会社設立支援サイトどす。のオススメ本